コーチ契約解消で惨敗の大坂なおみ 関係悪化の予兆はあった

コーチ契約解消で惨敗の大坂なおみ 関係悪化の予兆はあった

「幸せでいる以上の成功など望んでいないし、私を幸せにしてくれる人々と一緒にいたかった」

 2月17日、ドバイ選手権に向けた記者会見を開いた大坂なおみ選手(21才)。サーシャ・バインコーチ(34才)との契約解消について公の場で初めて言及し、波紋が広がっている。

「この会見で彼女は、噂されていた金銭面でのトラブルを強く否定しました。しかし、契約解消の理由について語った言葉は、まるで“バインコーチと一緒にいては幸せになれない”と言っているようにも受け取れる内容で、2人の間で諍いがあったという見方がより強くなりました」(スポーツ紙記者)

 バインコーチと大坂選手が契約したのは2017年12月。大坂選手が世界ランキング68位と伸び悩んでいた時期だった。

「才能はありましたが精神面がもろく、コート上で泣き出すこともあった大坂選手のメンタルを強くしたのは、明らかにバインコーチの功績です。彼がコーチになってから、大坂選手の成績は急上昇しました」(テニスライターの山口奈緒美さん)

 コーチ就任から1か月後、2018年1月の全豪オープンで大坂選手は4大大会初となる3回戦突破を果たし、同年3月にはBNAパリバ・オープンでツアー初優勝した。

 勢いに乗った彼女は、同年9月に全米オープン、今年1月に全豪オープンを制して4大大会連覇を成し遂げ、男女通じてアジア初となる世界ランキング1位に輝いた。こうした功績から、バインコーチは昨年末にWTA(女子テニス協会)初代年間最優秀コーチ賞を受賞している。

 そんなバインコーチの契約解消の発表は、全豪オープンからわずか2週間後のことだった。

「昨年10月、“来年もバインとコンビを組むのか”と聞かれた大坂選手は、“彼がノーサンキューと言わない限りね。彼とはうまくやれているから”と答えていたので、なおさら驚きました。好調期の選手がコーチを変えることはまれにありますが、それはコーチ側の家庭の事情や、方向性が合わなくなったなど必ず理由が語られます。そういう場合も、区切りのいいオフシーズンに発表するのが自然。シーズン最初のグランドスラム優勝からわずか16日でコーチを変えるのは、何か異常事態が起こったのだと勘ぐられても仕方がありません」(山口さん)

 日本テニス協会の吉川真司氏が緊急で代理コーチを務め、挑んだドバイ選手権。大坂は日本時間20日、今大会初戦となる2回戦で、世界ランキング67位のクリスティナ・ムラデノビッチ(フランス)と対戦するも、3-6、3−6でまさかのストレート負けを喫してしまった。

◆退屈そうに形だけの拍手

 なぜ、世界トップにまで上りつめた功労者であるバインコーチをクビにしたのか。冒頭の会見で、契約解消までの経緯を問われた大坂は、

「昨年春にあった(アメリカの)チャールストンと同秋の北京(の大会)で、特にそのように感じ始めた」

 と、1年ほど前からバインコーチとの契約解消を考えていたと打ち明けた。さらに解任を決めた時期について、

「オーストラリアにいる間に考えていた。私たちが会話しているところを見て、(異変を)感じ取った人もいたと思う」

 として、1月の全豪オープン時には、訣別を決意したと語った。スポーツライターの小林信也さんは「思い当たる節があります」と指摘する。

「全豪の準々決勝で大坂選手が大事なポイントを奪ったとき、観客が盛大な拍手を送る中、バインコーチだけが斜に構えて、退屈そうな表情で形だけの拍手をしていました。以前は、試合中に“帰りたい”と言い出すほど駄々っ子の大坂選手に向かって、膝をついて優しくあやすバインコーチの姿が印象的だったので、その変貌ぶりに驚きました」

 たしかに全豪での大坂選手とバインコーチの練習時間は短く、準決勝の事前練習はわずか10分で終了。いつも事前練習後に行うバインコーチからのアドバイスも大坂選手は振り切ろうとして、バインコーチに引き止められる場面があったという。そのほかにも、「バインコーチに口答えした」「アドバイス中に目をあわせず水を飲んでいた」など、2人の関係悪化を物語るエピソードは多い。

「練習を予約したコートに大坂選手が現れず、別の場所で練習していたという話もあります。コートの変更は多々ありますが、それをコーチが知らなかったのであれば大きな問題です。大会期間中に2人の間に争い事が起き、コミュニケーションが取れる状態じゃなくなってしまったのでしょう」(前出・スポーツ紙記者)

 全豪オープンの会見で、バインコーチの貢献について問われた大坂選手はこんな“なおみ節”を炸裂させた。

「あんまり彼と話さないから(笑い)。わからない。正直に言うと、ここでは、試合の前にはお互いにあまり話さなかった。彼が何か言ったりしても、私は一言“OK”だけで」

 その後、自身のインスタグラムでトレーナーやエージェントに長文の感謝メッセージを綴ったが、バインコーチに対しては《2週間、練習相手になってくれてありがとう》と素っ気ない内容だった。

「最初はてっきり、親しいから照れくさいのだろうと思いましたが、今思うとコーチなのに“練習相手”と書くのは不自然ですし、メッセージの少なさは彼女の本音の表れだったのかもしれません」(前出・山口さん)

※女性セブン2019年3月7日号


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索