高コレステロール薬に新たな選択肢「PCSK9阻害薬」

高コレステロール薬に新たな選択肢「PCSK9阻害薬」

「はい、お薬出しておきますね」。診察室での何気ないやり取りで処方される薬を、私たちは信じてのむほかない。でも、その病気や痛みを治す薬は1種類だけじゃない。効き目がない、体質に合わない、副作用がしんどい──そんなときは、思い切って薬を替えることで、症状が緩和することもあるという。

 しかし、薬の選択肢が少ない場合もある。

 女性ホルモンの分泌量が減る閉経後は、コレステロール値が上がりやすい。高血圧と並んで、処方薬を服用している人の数は多く、60才以上の女性のうち4人に1人が薬をのんでいるというデータもある。コレステロールの薬は選択肢が少ない。

 瀬戸循環器内科クリニック院長の瀬戸拓さんが解説する。

「コレステロール値を下げる薬は7種類ほどあります。現在は肝臓でコレステロールを合成する際に必要な酵素の働きを阻害する『スタチン』(HMG-CoA還元酵素阻害薬)という薬が最もポピュラーです。当院に来る患者さんには、第一選択としてまず勧める。現状では、確実にコレステロール値を下げる薬は、スタチンだけと言っても過言ではありません」

 スタチンの中でも、スタンダードなものや効果が特に強いものなど、数タイプに分かれるため、どの薬を選ぶかを主治医が決め、処方するのが一般的なのだそう。

「ただし、まれにですが、『横紋筋融解症』という副作用が現れることがある。筋肉を構成する骨格筋細胞に融解や壊死が起こり、その成分が血液中に流出してしまうもので、腎臓に負担がかかり尿が出にくくなるなどの腎障害を起こす。スタチンの処方と並行して検査を行い、副作用が心配な場合は『エゼチミブ』(小腸コレステロール輸送体阻害薬)という薬を使います」(瀬戸さん)

 しかし近年、二択だった高コレステロール薬に新たな選択肢が生まれている。

「スタチンとエゼチミブを併用してもコレステロール値が下がらない遺伝性の『家族性高コレステロール血症』の患者さんなどに使うかなり特殊なものですが、『PCSK9阻害薬』という注射薬も開発されています」(瀬戸さん)

※女性セブン2019年6月6日号


関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索