フライパンで炒めて作る味噌汁、コクが増してご馳走に

フライパンで炒めて作る味噌汁、コクが増してご馳走に

“食欲の秋”本番! 新米のおいしさを引き立てるのは、シンプルなみそ汁だ。毎日食べたいから、手早く、おいしく、バリエーション豊かに作れることが重要だ。

「国際中医薬膳師」の資格も持ち、『おくすり味噌汁114』(ワニブックス)などの著書がある、フードコーディネーターの大友育美さんにフライパンで作るオススメのみそ汁を聞いた。

 少し焦げ目がつくぐらいまで炒めることで、肉はもちろん淡泊な野菜もコクや甘みが増す。水を加え、ひと煮立ちしたらみそを溶くだけで、深い味わいがみそ汁全体に広がる。

「根菜やきのこは旨みたっぷりなので、野菜だけでも充分コクがでます。豆類はやや淡白なので、ひき肉など脂の多い肉と炒め合わせることで満足感が増しますよ」(大友さん)

 それでは、フライパンで作るみそ汁レシピを早速確認してみよう。

◆基本的なフライパンみそ汁の作り方

【1】フライパンに油を熱し、野菜や肉を少し焦げ目がつくくらいまで強火で炒める。

【2】【1】のフライパンに水を加え、沸騰したら火を止めてみそを溶く。

◆れんこんとベーコンのみそ汁(2人分)

【1】フライパンにサラダ油大さじ1と3分の1を熱し、1cm幅に切った厚切りベーコン大さじ4、薄切りにしたれんこん10cm分を入れて炒める。

【2】【1】に水1と2分の1カップを加え、沸騰したら火を止め、みそ大さじ1と1/2を溶く。お椀に盛り、好みで七味唐辛子適量を振る。

◆豚ひき肉と大豆のみそ汁(2人分)

【1】フライパンにサラダ油小さじ2を熱し、豚ひき肉100gを入れて炒め、色が変わってきたら大豆(水煮)2分の1カップ、小口切りの長ねぎ10cm分を入れて炒める。

【2】【1】に水1と2分の1カップを加え、沸騰したら火を止め、みそ大さじ1と3分の1を溶き、お椀に盛る。

◆きのこたっぷりみそ汁(2人分)

【1】エリンギ2本は上下を半分に切って薄切りにし、しめじ、まいたけ各2分の1袋はほぐす。

【2】フライパンにサラダ油大さじ1と3分の1を熱し、【1】を入れて炒める。

【3】【2】に水1と2分の1カップを加え、沸騰したら火を止め、みそ大さじ1と3分の1を溶き、お椀に盛る。

※女性セブン2019年10月24日号


関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る