“谷根千”が徒歩圏内、歩くほど見つかる日暮里の見所

“谷根千”が徒歩圏内、歩くほど見つかる日暮里の見所

 京成電鉄、JR、日暮里・舎人ライナーの3社局の路線が乗り入れる日暮里駅(東京都荒川区)。東口を出ると、生地専門店が集まる日暮里繊維街や、正岡子規が晩年を過ごした根岸へ。西口は谷中への入り口。多くの著名人が眠る谷中霊園や、懐かしい下町風情が残る商店街と路地散策を楽しめる。街歩きエリアとして人気沸騰中の谷根千(谷中・根津・千駄木)が徒歩圏内にあり、歩くほどに新しい魅力が発見できる。

■夕やけだんだん 東京都荒川区西日暮里3-13付近

 駅西口から続く御殿坂と谷中銀座商店街を結ぶ36段の階段で、一般公募により命名された。買い物客で賑わう商店街の彼方に沈む美しい夕焼けは郷愁を誘い、フォトスポットとしても人気。日が暮れるまで散策しても飽きない「ひぐらしの里」日暮里さんぽの仕上げに訪れたい。

■肉のすずき 東京都荒川区西日暮里3-15-5

 昭和8(1933)年創業、手造り惣菜が人気の精肉店。行列ができる「元気メンチカツ」(230円)は肉汁とともに牛肉の旨みがあふれ出す。

営業時間:10時半〜18時(売り切れ次第終了)
定休日:月・火

■ちょんまげいも たまる 東京都台東区谷中3-11-15

 秋田県出身の女将が切り盛りする甘味処。店内ではいぶりがっこなど秋田の名産品も販売。スイートポテトに黒ゴマや白ゴマをびっしりとまぶした「ちょんまげいも」(350円)は、自然な甘さと素朴な味わいが魅力。串に刺してあるので、食べ歩きにもいい。

営業時間:11時〜19時
定休日:不定休

■根津神社 東京都文京区根津1-28-9

 今から1900年余の昔、日本武尊が創祀したと伝えられる古社。徳川綱吉の命で1706年に完成した権現造りの壮麗な社殿は、国の重要文化財に指定されている。境内の乙女稲荷から続く千本鳥居は、外国人観光客からも人気。

■子規庵 東京都台東区根岸2-5-11

 正岡子規の旧居を再建。子規の目線で庭を眺められる。

営業時間:10時半〜12時、13時〜16時
定休日:月(祝日の場合は翌日)、8月・12月・1月に休庵期間あり
料金:500円

■菊見せんべい総本店 東京都文京区千駄木3-37-16

 明治8(1875)年創業。江戸風の四角い堅焼き煎餅(1枚60円〜)は、森鴎外や夏目漱石ら文豪も愛した味。

営業時間:10時〜19時
定休日:月

撮影/内海裕之、佐藤敏和、中庭愉生 取材・文/上田千春、城川佳子、戸田梨恵

※週刊ポスト2019年11月29日号


関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る