年齢を重ねるほど、生活習慣病などの薬を服用する機会や、その種類が増える。だが、いつも飲んでいるその薬が突然、思わぬかたちで健康を害する瞬間がある。医療機関を受診した際に「薬+薬」の危ない組み合わせは注意深くチェックされる一方、「薬+食べ物」や「薬+飲み物」は日常生活に溶け込んでいて、見逃されるケースもある。

 では、思わぬリスクを招く薬と食品の「組み合わせ」には何があるか。高血圧で降圧剤を服用している場合、ブルーチーズに注意が必要となる。銀座薬局の薬剤師・長澤育弘氏が指摘する。

「ブルーチーズに含まれるラクトトリペプチドは血圧を下げる効果があり、その作用はACE阻害薬と似ています。そのためACE阻害薬と一緒に食べることで血圧が下がりすぎ、目まいや失神につながる怖れがあります。

 また、スピロノラクトン系利尿剤とブルーチーズを同じタイミングで摂取すると、腎臓でカリウムが排出されずに高カリウム血症を発症し、不整脈や痙攣が生じることがあります」

 牛乳と便秘薬も要注意の組み合わせだ。

「腸溶剤と呼ばれるタイプの便秘薬は、胃酸では溶けず中性の腸内で溶けるコーティングがなされています。しかし牛乳を飲むと、強酸性の胃酸が薄まって中性に近づき、本来は腸で溶けるはずの便秘薬が胃で溶けてしまい、薬の効果が薄れる怖れがあります」(長澤氏)

 腸溶剤を服用したら、1時間ほどは牛乳を飲まないほうがよいという。

 骨粗鬆症の人は骨を強くするために魚を食べようと考えるかもしれないが、薬を服用している場合は注意したい。

「魚やキノコなどビタミンDを多く含む食材と、骨粗鬆症薬の活性型ビタミンD3製剤を同時に摂取すると、血液中のカルシウムが増えすぎて高カルシウム血症になる危険性があります。高カルシウム血症は最初に消化管の不調や喉の渇き、多尿が生じて、重症化すると錯乱、昏睡にいたることがあります」(長澤氏)

 薬の種類にかかわらず、原則として避けたいのが、アルコールと薬の組み合わせである。

「多くの風邪薬にあてはまるアセトアミノフェン系の解熱鎮痛剤とアルコールを組み合わせると、薬が効きすぎるうえに酔いが強く回って、下痢や腹痛の副作用が出やすくなります。また血管拡張作用のある強心薬と組み合わせると薬の効果が強まり、低血圧や失神を引き起こす怖れがあります」(長澤氏)

 炭酸飲料にも注意したい。

「炭酸飲料の多くはpH2.5〜2.9の酸性です。アスピリン系の解熱鎮痛剤は強酸性の胃で溶けるよう設計されていますが、pH2.5の炭酸飲料で服用した場合、水で服用した場合よりも吸収が悪くなり、薬の効果が減少します」(長澤氏)

 健康志向の高まりで人気のサプリメントや特定保健用食品(トクホ)にも落とし穴がある。アンチエイジングサプリとして知られるコエンザイムQ10の成分は別名「ユビデカレノン」だ。

「これは強心薬として処方される薬の成分と同じで、心臓病の薬とコエンザイムQ10を併用すると過剰摂取になり、吐き気などの副作用が起こりやすくなります」(長澤氏)

 虫歯になりにくい特定保健用食品であり、ガムなどに含まれるキシリトールは糖尿病薬との相性がよくない。

「糖の吸収を遅らせる糖尿病薬であるα−グルコシダーゼ阻害薬とキシリトールを併用すると、腸内細菌が増えてしまう。そこにキシリトールが持つ下痢の副作用が重なってしまうことがあります」(長澤氏)

 持病のある人がサプリメントなどを服用する場合は、自己判断で飲むのではなく、かかりつけ医などに事前に相談することが望ましい。

 では、薬との飲み合わせが悪い食品を食べてしまった後に「しまった!」と気づいた場合はどうすべきか──。大原則は、「体調不良が出たら副作用かもしれないので、すぐ病院に行く」ということ。服用した薬と食べた食材、そして食べた時間をメモしてから受診するとスムーズになる。

 目まいや嘔吐、頭痛などの初期症状が出た場合、自宅でできる応急処置は、「水を飲むこと」だ。「食べ合わせが原因の場合、水をたくさん飲むことで胃の内容物が薄まりリスクを減らすことができます」(長澤氏)

 まずは薬の服用時、「何を食べたかな」と気にする習慣を身につけることが大切だ。

※週刊ポスト2020年1月17・24日号