乾燥が気になる冬の季節。特に肌にとっては大敵そのものだ。肌の専門家である皮膚科医は、どうやって乾燥と闘っているのだろうか。

 あいこ皮フ科クリニック院長で皮膚科医の柴亜伊子さんは「肌の乾燥は食べ物とワセリン(プロペト)で対策している」と話す。

「卵や肉に含まれるコレステロールは、肌の保湿成分として必須です。また、レバーにはシミの原因になる活性酸素を除去してくれる酵素・カタラーゼの材料となるヘム鉄が豊富なうえ、肌の代謝を上げてキメを整えてくれるビタミンAも多い。

 これらの食べ物に加えて、夜のスキンケアの時、化粧水や乳液などを塗った後、最後にワセリンを塗ると肌にフタをすることができて保湿効果が高まります」(柴さん)

 ただしワセリン自体に保湿効果があるわけではないため、ワセリンだけを肌に直接塗っても意味がない。必ず、化粧水や乳液などほかの保湿成分を持つスキンケア用品を先に塗り、それと組み合わせて使う必要がある。

 また、シミ予防にはビタミンCも効果的だが、ビタミンCの多い食品を直接肌にのせるのは考えものだ。

「レモンの輪切りを顔に貼ったり、レモン果汁をヨーグルトに混ぜてパックする方法はたびたび雑誌やテレビでも紹介されます。しかし、卵白やはちみつ、オリーブオイルなどを含めて、食べ物を直接肌に塗るのは、かぶれや食物アレルギーを起こす可能性があり、おすすめできません。特に柑橘類には光毒性があるため、レモンパックをした後に紫外線に当たると、余計にシミになってしまいます」(柴さん)

 同じく皮膚科医でやさしい美容皮膚科・皮フ科秋葉原院院長の宇井千穂さんは、抗酸化作用のある「SOD酵素」に注目する。

「SODは人間の体を酸化させて老化の原因を作り出す、活性酸素を除去してくれる酵素。ルイボスティーに多く含まれています。SOD酵素を多く含むうえ、ミネラルも豊富。抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれているし、ノンカフェインなので体にも優しい。SOD酵素はサプリメントとしても発売されているため、購入して定期的にのむのもいい。私ものんでいます」(宇井さん)

◆眼科医はほうれん草を食べる

 乾燥する季節には“目の乾き”も気になるが、二本松眼科病院の眼科医・平松類さんによれば、「乾燥=ドライアイ」は誤解だという。

「ドライアイの原因は、涙が足りずに目が乾燥することではなく、涙の質が悪いこと。乾燥だけでなく、目の疲れを感じたり、陽の光を浴びてすごく眩しく感じるのもドライアイで、オフィスワーカーの7割がドライアイだといわれています。涙は水と油からできていますが、瞼の血流が悪いと油が溶けて分泌されなくなり、水だけになって乾きやすくなる。

 何よりも目を温めるのが効果的。ホットアイマスクを使ったり、お風呂に入った時にタオルを絞ってつぶった瞼の上に置く、手をこすって温めてから手で目の周りを覆うなどは、私も行っています」(平松さん)

 加えて、平松さんはほうれん草をよく食べているという。

「ほうれん草にはルテインという成分が豊富で、白内障や加齢黄斑変性の予防にも効果的といわれています。また、青魚を食べて良質な脂を摂ることも大切。ブルーベリーは一時的に眼精疲労に効きますが、効果は気休め程度だと思ってください」(平松さん)

 また、目が乾くからといって、こまめに水で目を洗う人もいるが、「必要以上に洗うと目に傷がつく原因になる」(平松さん)というから要注意だ。

◆耳鼻科医が食べるヨーグルト

 寒さがピークに達すると、今度は花粉症の季節がじわじわ近づいてくる。金沢駅前ぐっすりクリニック院長で耳鼻咽喉科医の鈴木香奈さんが実践しているのは、「ヨーグルトを食べる」こと。

「花粉症でくしゃみやかゆみが出るのは免疫機能が過敏に反応している状態です。だから、まず免疫細胞の6割以上を作っている腸の調子を整えることが大切なのです。そのためにはヨーグルトが効果的。なかでも“生きて腸まで届く”プロバイオティクスのものを選ぶようにしています」(鈴木さん)

◆婦人科医が肥満対策する理由

 婦人科系の病気予防はデリケートゾーンの清潔さと肥満対策だと話すのは、東邦大学医療センター大橋病院の産婦人科医・高橋怜奈さん。

「清潔にしないことが原因で膀胱炎や外陰炎などになる場合が多いため、私は『コラージュフルフル石鹸』や『おしりセレブ』を使っています。また、肥満が子宮体がんなどの婦人科系の病気につながるため、食事の時には“野菜を先に食べる”“空腹時のおやつには低GIを選ぶ”ことなど、意識しています」

※女性セブン2020年1月30日号