毎年、多くの人が受ける健康診断。切り離せないのが「基準値」だ。そもそも健康診断における基準値は、各臨床学会のガイドラインなどをもとに厚労省が定めている。健診後に生活習慣病改善のための保健指導が必要となるレベルは「保健指導判定値」、重症化防止のための治療が必要となるレベルは「受診勧奨判定値」として示される。

 例えば高血圧については、上の血圧(収縮期)が130mmHg以上なら保健指導の対象、140mmHg以上なら受診勧奨となる。

 脂質異常症を引き起こすとされるコレステロール。現行の基準値では、LDL(悪玉)コレステロールが120mg/dl以上なら保健指導となり、140mg/dl以上なら受診勧奨となる。だが健康診断の数値に詳しい、東海大学名誉教授の大櫛陽一氏がこう語る。

「コレステロールは体に必須の物質でもあり、血管を丈夫にする働きがあります。日本ではLDLが120以上だと高いとされ140を超えると投薬治療が必要だとされてしまいますが、この基準は厳しすぎる。欧米では190以下が基準であり、私が日本でのデータを解析した結果からも200を超えなければ問題ないと考えています」

 体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で算出されるBMI(体格指数)は、25以上になると「内臓脂肪がたまっているリスクがある」として食生活の改善などを促される。だが近年の研究では、この基準を疑問視するものが少なくない。

 北海道大学大学院などが約2万7000人の高齢者(65〜79歳)を11年以上にわたって追跡調査したところ、BMI20〜29.9の間で総死亡リスクに大きな差はなかった。医療経済ジャーナリストの室井一辰氏の指摘。

「海外の調査では“太っているほうが痩せているより健康だ”との結果が複数存在します。中肉中背のほうががんになりにくく、BMI28程度の肥満傾向なら死亡率に関係しないとの結果も出ている。BMI25で線引きする日本の基準値は厳しすぎる印象です」

◆「基準値内は健康」の間違い

 基準値は厳しすぎるばかりではない。逆に緩すぎると指摘される検査項目もある。

 血液中の赤血球に含まれるヘモグロビンと、ブドウ糖が結合する割合を示す「HbA1c」は、糖尿病を診断する際に用いられる。現状の基準値では6.5%を超えると受診勧奨となる。

「この数値を超えてから受診しても遅すぎます」と指摘するのは、にしだわたる糖尿病内科院長の西田亙医師だ。

「糖尿病は単に血糖値が高くなる病気ではなく、体内の細い血管がダメージを負うことで網膜症、腎症、神経障害という3大合併症を引き起こします。受診勧奨の基準値であるHbA1cの数値6.5%は、すでに網膜症が進行して目の奥で出血が始まってもおかしくないレベル。

 しかも5%後半になると太い血管までダメージを負い、心筋梗塞や脳梗塞などにつながるとの報告もあります。日本では6.5%が糖尿病の入り口とされますが、本来は5%後半で黄信号、6.5%で赤信号くらいの危機感を持ち、できるだけ早く治療を始めるべきです」(西田医師)

 肝臓や胆道に異常があると数値が上昇するγ-GTP。51U/Lで健康指導の対象となるが、大櫛氏は「この基準値は甘い」とする。

「私が算出した健常な人の上限は、男性でいえば60〜64歳で49まで、65〜69歳で48までという結果でしたが、女性では60〜64歳で31まで、65〜69歳で29までと現行基準値と大きくひらきがあった。これでは早期の異常が見逃される可能性があります」

 新潟大学名誉教授の岡田正彦氏は別の観点から指摘する。

「γ-GTPは飲酒量が多ければ上昇し、少なければ減少するもので、『肝臓の健康度合い』を示した数値であるというエビデンスはありません。飲酒はがんのリスクを高めます。数値が高い人は飲酒量を減らすべきですが、基準値に収まった人も『低いからもっと飲める』と考えるのは誤りです」

 基準値があることによって、病気のリスクをわかりやすく体感できるし、健康管理の指標にもなる。だが、基準値を守れば必ず健康を維持できるというわけではない。病気のリスクは、個人個人で異なると認識することが大切だ。NPO法人医療ガバナンス研究所理事長の上昌広医師が指摘する。

「誰がどの病気になるかは基準値で一定に線引きできるものではなく、家族歴や既往歴などによって一人ひとりのリスクは異なります。健康診断の基準値を絶対視して一喜一憂するのではなく、あくまで生活習慣改善のひとつの指標として捉え、前の年と比べて大きな変化がないかなどを毎年チェックすることが重要です」

 健康診断の結果を真に活かせるかどうかは、受診者次第なのである。

※週刊ポスト2020年1月31日号