日本で広まったカレーには、驚くような新アレンジがほどこされたものがある。鮮やかな桃色に驚かされるカレーなど、中国地方のご当地レトルトカレーを紹介しよう。

●華貴婦人のピンク華麗(カレー) 980円(200グラム)

ブリリアントアソシエイツ 鳥取県鳥取市大榎町3-3

 鳥取発の地域ブランド「華貴婦人」が開発した華麗なるカレー。鳥取県産のビーツペーストを使用し、鮮やかなピンク色に。魅惑の香辛料が効き、味は意外とスパイシー。見た目と味わいのギャップに驚く一品だ。

●奥出雲和牛カレー 594円(215グラム)

島根県農業協同組合 雲南地区本部 仁多加工所 島根県仁多郡奥出雲町三沢1947-8

 島根県奥出雲地方で生まれ、肥育された良質な「奥出雲和牛」の霜降り肉だけを使用。島根県産唐辛子をアクセントに霜降り肉のコクと脂の甘味が溶け込むソースの美味しさに加え、スライス状の肉に旨味がしっかりとあり、食べごたえも満点。

●白桃ピオーネカレー 626円(200グラム)

哲多すずらん食品加工 岡山県新見市哲多町花木161-1

 岡山名産の白桃とピオーネをベースに、岡山産の鶏、桃太郎トマト、 生マッシュルームなどの地元素材にこだわり、時間をかけてじっくりと煮込んだ。スパイシーな旨味とフルーツのまろやかな甘味が調和する。

●広島名産かきカレー(中辛) 540円(200グラム)

レインボー食品 広島県竹原市忠海中町1-1-25

 主役は3粒も入った広島県産カキ。ふっくらとした大粒の身はプリッとした食感を残し、食べごたえ十分。ココナッツミルクや炒めたタマネギがまろやかさを加えるソースにはカキの旨味が溶け込み、濃厚な海の味わいを堪能できる。

●ふくカレー 540円(200グラム)

マル幸商事 山口県下関市彦島西山町4-13-48

 フグの本場、下関の水産加工会社の「ふくカレー」には、フグの切り身が使われ、フグ本来の旨味を楽しむことができる。ソースはサラサラタイプでマイルドな中辛。意外にも淡白なフグと絶妙にマッチする。

※週刊ポスト2020年2月21日号