医者は患者に健康を説く立場だが、必ずしも自らの健康管理を徹底できているとは限らない。

 自律神経研究の第一人者で、ベストセラー『医者が考案した「長生きみそ汁」』(アスコム)の著者である順天堂大学医学部教授・小林弘幸医師もまさにそう。つい深酒や大食いをしてしまうこともあるという。それでも小林医師が健康を保てる秘訣は「不摂生をリカバリーできる習慣を知っているから」だ。新刊『不摂生でも病気にならない人の習慣』(小学館)も話題の小林医師がいう。

「私は背油たっぷりのこってりラーメンが大好きで、深夜に有名店の行列に並ぶこともあります。焼肉も大好物で、先日は7人前を平らげてしまいました。医師になって運動する機会も減りましたし、野菜も苦手でつい最近まで食べられませんでした。付き合いで深酒する日も少なくありません」

 これらはすべて“やってはいけない習慣”のように思えるが、小林医師は、「むしろ我慢するほうが健康を害するリスクがある」と話す。

「好きなものを無理して我慢し続けると、多大なストレスがかかって自律神経のバランスを乱してしまいかねません。常に自分を律することが難しい以上、大切なのは“不摂生をリカバリーする正しい習慣”を身につけることなのです」(以下「」内は小林医師)

◆痩せるには「食事制限」でなく「間食」

 メタボ解消や生活習慣病の予防に「食事制限」が必須だと考えている人は多いだろう。しかし小林医師は、食事制限よりも「間食を増やす」ことが正解だという。

「安易な食事制限は栄養不足やストレス過多を招きます。むしろ痩せるためには、ちょっとした間食をとったほうがいい。そうすると副交感神経の働きが高まり、腸の働きが活発になります。その結果、消化吸収が高まって、食べても栄養素が脂肪になりにくい。

 スナック菓子やケーキなど糖質・脂質が多いものを避け、たんぱく質の多いヨーグルトやチーズや、ビタミンや食物繊維の多いナッツやドライフルーツなどをとるとよい」

◆酒1杯につき「水1杯」

 深酒してしまい二日酔いに──そんな“定番パターン”を避けるにはどうすればよいか。

「深酒すると体内でアルコールを解毒分解する際に水分を大量に消費するため、血管が収縮して血流が悪くなり、頭痛や胸やけなど二日酔いの症状を引き起こします。

 そのようなアルコールによる脱水を防ぐには、酒席で『酒1杯につき水1杯を飲む』ことを心がけること。水を飲むと腸の働きが良くなり、消化器の麻痺を防ぐこともできます。

 また酒席の食事はどうしても高カロリーになるので、飲む日は昼食の段階から『腹六分』を心がける。野菜や食物繊維を多めにとっておけば栄養バランスが保てます」

◆朝にスプーン1杯のオリーブオイル

 60代をすぎると「慢性便秘」に悩む人が増えるが、解消には「オリーブオイル」が効くという。

「便の潤滑油になる油脂の中でも、酸化されにくいオレイン酸をたっぷり含むオリーブオイルは便秘解消効果が高い。動脈硬化など生活習慣病予防にも役立つので、高齢者は朝食の際に『スプーン1杯のオリーブオイル』をとってほしい」

◆肉は「控えない」「野菜を先に食べる」が正解

 中高年になったら「肉を控えるべき」と言われるが、「順番を意識して食べる」が正解という。

「肉や魚などの動物性食品に多く含まれる良質なたんぱく質は、自律神経の働きを高めます。

 ただし、食べる順番に注意が必要です。動物性食品に含まれる脂肪は腸内環境を悪くするため、肉を口にする前には必ず野菜や果物を食べて、脂肪を血液中で酸化させにくくする必要があります」

※週刊ポスト2020年2月21日号