【書評】『韓国を支配する「空気」の研究』/牧野愛博・著/文春新書/900円+税
【評者】関川夏央(作家)

 二〇一九年の日韓関係は最悪だった。海上自衛隊哨戒機への韓国海軍による火器管制レーダー照射、戦時中の徴用工・慰安婦への謝罪と補償要求があった。韓国国会議長は平成の天皇を「戦犯の息子」呼ばわりし、「軍国主義の象徴」である旭日旗を掲げた海上自衛隊艦艇の入港拒否など、韓国側の行動と発言にその原因があった。

 文在寅大統領の政治手法は、「敵」をつくり扇動することで国民の結束をはかるという「ポピュリズム」である。すでに多くの韓国人が観光旅行体験などで現実の日本を知っているはずなのに、「反日」気運は一挙に高まった。それは韓国人が社会の「空気を読んだ」からで、韓国社会は、おなじ傾向を持つ日本社会よりはるかに一色化されがちだ。

 そのうえ、学生活動家のセンスのまま初老に至ったような文在寅にことに顕著な「確証偏向症」(自分の信念や主張を強く信じる余り、反論に関する情報に目を向けない傾向)が加わると、「歴史的事実」での反論に対しても「聞く耳を持たない」状態になる、と著者・牧野愛博はいう。

 一九八〇年代以来、韓国大統領は退任後に逮捕されたり自殺したりと悲惨をきわめる。大統領権力に集中する利権の恩恵に浴したい家族・一族・郷党の行動が原因で、それと縁のなかったのは六〇年代から七〇年代まで、人権を抑圧しながらも韓国経済の底上げに成功した朴正熙だけである。

 その昔、朴正熙を「軍事政権」「開発独裁」と非難・嫌悪してやまなかった朝日新聞、「旭日旗」を社旗としながら、やはり「確証偏向症」を病んでいた朝日新聞にも著者のような記者が出現したこと、そうして輸出制限で韓国の態度にはじめて強い違和の念をしめした日本、みな時代の移ろいであろう。

 韓国は日本に「似ていて非」と知るべし、久しくそう戒められてきたが、私は不十分だと思う。韓国は日本とまったく似ていない。そういう認識から始めるべきだろう。

※週刊ポスト2020年3月27日号