子供も大人も大好きな餃子。とはいえ、最近ワンパターン気味…という人は、行列のできる人気店の餃子を作ってみては?

◆四川風水餃子

【教えてくれたのは…】
くるみ屋dining 店主 佐藤亮祐さん
住所:東京都世田谷区上北沢4-36-23 京王リトナード八幡山内

 にんにく、にら不使用で、女性にも人気。「キャベツの代わりに大根を入れてもおいしいですよ。たれはバンバンジーに使っても」(佐藤さん)。

●材料(約30個分)
長ねぎ…1/2本、しょうが…1片、キャベツ…1/4個
豚ひき肉…200g、塩…小さじ1/2、しょうゆ…大さじ2
A【水…大さじ2、酒・ごま油…各大さじ1】
餃子の皮…30枚、ごまだれ・ラー油…各適量、青ねぎ…1本

●作り方
【1】長ねぎ、しょうがはみじん切りにする。キャベツはゆでて冷水にさらし、みじん切りにして水けをしぼる。
【2】ボウルに豚肉、塩、しょうゆを入れ、しっかり混ぜる。
【3】【2】にAを入れてさらに混ぜ、【1】をすべて加えて軽く混ぜ合わせたら、餃子の皮で包む。
【4】鍋に湯(分量外)を沸かし、【3】を弱火で4分ゆでる。湯きりして器に盛り、ごまだれ、ラー油をかけ、小口切りにした青ねぎをのせる。

●ごまだれの作り方
 砂糖(大さじ1)、酢(大さじ1/3)、しょうゆ(大さじ3)を混ぜ合わせ、ごま油と練りごま(各大さじ1)を加える。練りごまは混ぜこまないのがコツ。

◆3種の水餃子

【教えてくれたのは…】
一味玲玲宴館 店主 神山玲さん
住所:東京都港区新橋4-10-2 相鉄フレッサイン新橋烏森口 2F

 看板メニューの餃子は48種類。具と調理法(ゆでる、蒸す、焼く)から選べる。パクチーやセロリなどの具が人気。餡には30種類以上のスパイスが練り込まれている。「具は家にある食材でOK。何種類も作って楽しんで」(神山さん)。

●材料
長ねぎ…1/2本、しょうが…1片、サラダ油…大さじ2、トマト…1/2個、しいたけ…1枚、木綿豆腐…1/4丁、干しえび…大さじ1
A【五香粉…少量、紹興酒…大さじ1、水…1/4カップ、鶏がらスープの素…大さじ1/2】
豚ひき肉(粗びき)…200g、餃子の皮…30枚

●作り方
【1】長ねぎ、しょうがはみじん切りにし、サラダ油で炒めて粗熱をとる。
【2】トマトは角切りに、しいたけは軸をみじん切り、笠は角切りにする。豆腐は水けをきって潰し、干しえびと混ぜる。
【3】ボウルに豚肉と【1】を油ごと加え、Aも加えて混ぜる。
【4】【3】を3等分し、【2】のトマト、しいたけ、豆腐をそれぞれ混ぜ合わせて3種類の餡を作る。冷凍室に5分程おいてから、餃子の皮で包む。
【5】鍋に湯(分量外)を沸かし、【4】を中火で7分ゆでる。湯きりして器に盛り、好みでたれ(後述)をつけて食べる。

●にんにくだれの作り方
 にんにく(1片)を潰してみじん切りにし、ごま油、しょうゆ(各小さじ1)、砂糖(少量)を加え粘るまで混ぜる。

撮影/玉井幹郎

※女性セブン2020年3月26日・4月2日号