新型コロナウイルスの影響で外出を控えていることに加え、一斉休校で子供たちが家で過ごすようになった。そんな時に心強いのは、即席麺、菓子パン、スナック菓子、レトルト食品など常温保存できて日持ちもする「超加工食品」。現在は、どこのスーパーでもこうした食品の売り上げがアップしているという。

 しかし、中にはリスクがあるものも…。そこで、本誌・女性セブンでは医師・栄養士200人への匿名アンケートを実施。「絶対に食べたくない超加工食品」部門は該当食品をそう感じる順番に3つ回答してもらい、食べたくないものから3点、2点、1点をつけて計上してもらった。この結果をもとに編集部でランキングを作成。「これなら食べてもいい超加工食品」部門も推奨度順に3つ回答してもらい、食べてもいいと思うものから3点、2点、1点をつけて計上した。

「超加工食品」という言葉が広まったのは、2018年2月。フランス・パリ第13大学の研究チームが「NOVA分類」に基づいて、「超加工食品の摂取と、がんリスクに関連性がある」という論文を発表したのがきっかけだった。

「NOV分類」とは2009年にブラジル・サンパウロ大学が提唱した食品のグループ分けで、「生鮮食品・ほぼ無加工の食品」「加工食品の材料」「加工食品」「超加工食品」の4つに分類される。

 このうち「加工食品」は、塩分を添加した缶詰、砂糖を使用したドライフルーツ、チーズ、薫製肉など、家庭で調理に使う材料のみを添加した食品のことをいう。

 対して「超加工食品」は家庭で調理する際には使わない添加物や油脂などを過剰に加えた食品のこと。明確な定義はないが、大量生産された菓子パンや即席麺などのインスタント食品、保存料を使用した肉加工品、スナック類、ジュースなどが該当するとされている。
 
「絶対に食べたくない超加工食品」部門1位となった、最も多くの専門家が「食べたくない」と回答した超加工食品は、カップ麺を含む「即席麺全般」だった。2位は、「ハンバーガー全般」、3位の「菓子パン類」が続く。そして、4位には清涼飲料水などの「ジュース類」が、なかでも「コーラ」は単独でも10位にランクイン。5位はマーガリンが続いた。

 とはいえ、「超加工食品」を完全にシャットアウトして生活するのは、現実的には難しい。そこで専門家たちに、超加工食品のなかでも「これなら食べてもいい」と思うものを挙げてもらった。

 いちばん支持を受けたのは「レトルト食品全般」。「超加工品のなかでは添加物が控えめ」「原材料を生かして作られている」などの理由が多かった。

 また、同じ超加工食品でも、脂質や塩分が多すぎるものもあれば、比較的少ないものもあるし、添加物や油をできるだけカットした作りになっているものもある。そうした商品の特性に注目する専門家たちも多く、「一部のカップ麺」や「一部の菓子パン」などを選んで食べるとの回答も多かった。例えば、即席麺では、「ノンフライ麺を選ぶようにすれば比較的影響は少ない」という意見が聞かれた。食品ジャーナリストの郡司和夫さんはこう言う。

「インスタントラーメンにも安全なものはあります。ノンフライはもちろんですが、化学調味料やかんすいを使っていない製品を選べばいい」

 ハンバーガーでは、モスバーガーやマクドナルドといった大手チェーンの名前も挙がった。米ボストン在住の内科医・大西睦子さんが言う。

「ファストフード店も、上手に使えばいいんです。モスバーガーなどの大手は、ホームページでメニューの栄養情報を開示しているので、それをチェックすることをおすすめします。ハンバーガーも種類によってずいぶん栄養価が異なることがわかるので、そのなかからヘルシーなものを選ぶこと。カロリーばかりに気を取られるのではなく、栄養素がバランスよく入っているか、塩分や糖分は控えめかなどをチェックしてほしい」

 もちろん専門家たちが「食べたくない」といった超加工食品でも、食べたらすぐに病気になるわけではない。問題なのは、継続してそればかり食べてしまうことだ。秋葉原駅クリニックの医師・佐々木欧さんはこう助言する。

「スナック菓子は、カロリーが高いのに栄養に乏しい食べ物であり、そのうえ味つけの工夫で、いくら食べても満足感が得られにくく、“もっと食べたい”と習慣化している人が多くいます。食べるなら、頻度を減らして小分けの袋に入ったものを選ぶなど、食べすぎないよう工夫するといいでしょう」

 超加工食品は、一見同じように見えるものでも、実は原材料がピンキリ。しっかりチェックして、賢く食べたい。

※女性セブン2020年3月26日・4月2日号