猫は年に2〜3回ほど発情期を迎え、2〜4月がピークとなる。この時季は、発情中のメスのフェロモンに誘われて、オスが追いかけるケースが多発し、結果、猫の失踪が増える。突然いなくなってしまった愛猫を捜し出すにはどうしたらいいのか。「ペット探偵」として猫の失踪解決率80%で、ペット捜索を専門に行う「ペットレスキュー」代表・藤原博史さん(50才)に犬と猫の捜し方の違いを聞いた。同社を立ち上げてから23年の間に、約3000件の依頼を引き受けてきた。

◆チラシを作り、毎日森を捜した

 今回の依頼主は吉田茂夫さん・弘樹さん親子(ともに仮名)。5日前、茂夫さんが、生後10か月のオスのキジ猫・モグと散歩に出かけ、近所の森でリードから手を離した途端、逃げてしまったという。「まさか逃げないだろう、という気の緩みが原因です」と弘樹さんはうなだれた。

 あわてた茂夫さんはチラシを60枚ほど作成し、近所に投函。弘樹さんも捜索し、モグのリードを森の斜面で発見した。

 きっとこの近くにいる──そう期待して捜し始めたが、どこをどう捜したらいいのか、捜索範囲の広さに途方に暮れてしまった。

 森は、吉田さん宅から車で5分ほどの位置にある。家の窓から脱出したケースなどは、自力で戻ってくることもあるが、それだけ距離があると、自然な帰宅は期待できない。モグのトイレは「見るたびに胸が締め付けられる」と弘樹さんは言う。吉田さん親子は専門業者への依頼を決めた。

「迷子捜しの基本は、(行方不明になってから)できるだけ早く、多くの目で行うことに尽きます」

 吉田さん宅に到着したペット探偵・藤原さんはそう語り、聞き取り調査が始まった。行方不明になった日時や場所、猫の特徴や性格など、40項目に及ぶ質問を通して、状況を詳細に聞き出しながら、モグの「カルテ」を作成していく。「カルテへの記入も大切ですが、もっと大切なのは雑談。何気ない話の中に捜索のヒントが隠されているんです」と藤原さん。飼い主との会話からヒントを得ることが多いという。

 聞き取り調査を終えた藤原さんは、吉田さん親子と現場へと向かった。

◆猫は聞き慣れた声に反応する

 吉田さん親子と藤原さん、スタッフの飯塚忠さんが、森に足を踏み入れる。現場は川沿いに位置し、落葉樹や針葉樹、常緑樹などの樹木が混生している。藤原さんのベストのポケットには、赤外線双眼鏡やモニターなどが詰まっている。

 まず、リードを発見した場所を確認する。モグが自分でリードを外したとしたら、この斜面を上ったはずだ。

「この森は国道や川に囲まれているため、そこを突破するとは思えない。となると、進む道は2パターンに絞られます」と藤原さんは推測する。

 森を進みながら、飯塚さんはリードがあった場所からの距離を常にチェックしている。「いま250m」「ここは400m」などと、藤原さんに告げる。猫の捜索範囲の基準は500m以内。その範囲内を綿密丁寧に調べていく。当てずっぽうや勘ではない。

「モグちゃんの名前を呼んであげてください」

 藤原さんが親子にそうアドバイスする。弘樹さんたちは口々に「モグー」と呼びかける。

「猫は耳がいいんです。自分を呼ぶ聞き慣れた声に気がつくと、物陰から出てくる可能性が高まります」(藤原さん)

 森林地帯であれば、茂みや枯れ草の中、木の根っこ、崖のくぼみなど、猫が潜みやすい場所に向かって普段通りの声と音量で呼びかけるといい。ただし、あせって大声で叫ぶと、驚いて逃げたり、隠れてしまい、逆効果となる。

 地図で地形を確認し、見終えた場所を1か所1か所、塗りつぶしていく。飯塚さんはモグの好物が入った袋を振り、シャカシャカと音を立てながら歩く。エサの袋の音や缶詰の音、好きなおもちゃの音などに反応する猫も多いという。

◆ちょっとした隙間を好み潜んでいる

 森の捜索後、猫が好んで隠れそうな近隣の建物やそれらの隙間を見て回った。

「極端に警戒心が強い猫の場合、同じ場所に数日間じっとしていることもあります。日数が経ち、外の環境に慣れて落ち着くと、エサや水を求めて活動を始めます。
 個体差がありますが、2日から2週間程度が経過した夜間に動き出す可能性が高いです」(藤原さん)

 オフィス街や工場地帯では倉庫や資材置き場、建物と建物の間の狭い空間、コンテナの下などがチェックポイントとなる。各所の許可を得て、入念に捜索する。

 その後、住宅街へと向かい、ペットレスキュースタッフのみでの捜索となった。建ち並ぶ家々。この地域には蔵や納屋なども多い。そのぶん、縁の下や納屋の中など、隠れ場所も多い。藤原さんと飯塚さんは身をかがめ、懐中電灯で光を当てて確認していく。

 ウッドデッキの下やメーターボックスの裏や中も猫が隠れやすい場所となる。マンションやアパートを捜索するのであれば、1階部分のベランダと地面の隙間なども発見の可能性が高い。特に、暗い場所は注意深く懐中電灯を照らして捜索するといい。天井や荷物の隙間など、納屋は猫が入り込みそうなスペースが多い。念入りに捜索する。

 藤原さんは物置の下の10cmもない隙間にも光を当てる。それだけの空間があれば、猫は充分潜り込めるのだという。

「ここは跳び移れるなぁ」──藤原さんがポツリとつぶやく。

「あの崖からあの家の屋根までくらいなら、余裕で跳び移れます。猫は野性味の強い動物で、身体能力はズバ抜けているんです」

 猫は自分の体長の5倍くらいは垂直跳びができるという。さらに、一軒一軒インターホンを鳴らし、敷地への立ち入り許可をもらう。なかには、「あー、モグちゃんね。まだ見つからないの?」と声をかけてくれる人もいる。配布したチラシの情報が行き渡っているのだ。

 藤原さんと飯塚さんは軽い身のこなしで、物置や縁の下をのぞき込む。猫を驚かせないように物音や足音もできるだけたてないことも大切だ。

 こうして捜索範囲を狭めながら、移動ルートを分析し、絞り込んでいく。その際には、紙の地図が欠かせないという。

「猫の場合は狭い範囲を密に探すので、住宅地図がいちばん適しています。私が使っているのは1500分の1の縮尺で、建物名など詳細な情報が書かれたものです。捜索によって得た情報をそこに書き込み、俯瞰して眺め、範囲を絞り込んでいく。それにはスマホの地図アプリより、紙の地図の方が使いやすいのです」(藤原さん)

◆素手での捕獲は難しい。捕獲器を活用する

「この辺りかもしれない」

 時に藤原さんから心強い言葉が聞かれる。捜索範囲を着実に絞ることによって、“手応え”が感じられたようだ。

 夕刻、リードが見つかった場所に戻り、斜面の上に捕獲器を設置。モグの好きなエサを入れた。捕獲器を仕掛けても、一度失敗すると、猫は怖がって同じ仕掛けに二度と近寄らなくなってしまう。そのため、タフで精巧な作りの捕獲器をアメリカから取り寄せた。

「素手で捕獲するのは私でも難しい。飼い主さんが名前を呼んで近づいても逃げてしまうケースも少なくありません。そこで、頑丈なステンレス製の捕獲器を活用しています」

 その後、近所の人から目撃情報が入ったが、残念ながらモグではなかった。

 さらに2日後。朝7時に茂夫さんが捕獲器を見に行くと、ガサガサと音がする。あわてて中をのぞくと、首輪をつけたままの少しやせたモグがおとなしく座っていた!

「もう会えないかもしれない、と思ったりもしたから、モグの姿を見たときは震えるほどうれしかったです。私を見つめ返すモグの目が印象的で、本当に感動しました」

 茂夫さんはそう歓喜し、家族みんなで涙した。以来、モグはこれまで以上に茂夫さんたちにベッタリですよ、と弘樹さんは微笑む。

 ペットが逃げてしまったときは闇雲に捜すのではなく、その動物の習性や性格などを考える。また、ひとりで頑張りすぎないことも大切だ。近隣住民の協力や、SNSを通じて得られる第三者の力、さらには藤原さんのような専門業者に頼るのもいいだろう。

 ペットレスキューの場合、捜索は1日8時間作業となり、2万円+税に加え、交通費などの経費がかかる。さらには迷子に備えて、首輪に連絡先の記載、マイクロチップの活用、脱走防止柵の設置も有効だ。愛する家族は日頃から大事にしたい。

●失踪してしまった場合の猫探しアドバイス

(1)いなくなった翌日までに迷子になった日時や場所、猫の特徴、連絡先などについて届を出そう。地域の交番や警察署→けがをしていたり衰弱している場合、保護されていることがある。

(2)市区町村の保健所・生活衛生課管理係→迷子の猫がいるかを確認し、該当する子がいるなら直接足を運んで確認を。いない場合は速やかに届け出を出す。

(3)都道府県の動物愛護センター→警察署や保健所から移送された犬猫が収容されていることがある。

(4)地域の清掃事務所→事故などにより路上で死んでしまった場合、回収されている可能性もある。

(5)地域の動物病院→けがで運び込まれているかも。

撮影/大塚七恵

※女性セブン2020年4月9日号