隣で診察待ちをしている患者が、実は新型コロナウイルスの感染者だとしたら──待合室、トイレ、受付など、いたるところにウイルスが付着し、さらには霧のように空気中を漂う。本来は病気を治すはずの病院が、「うつし」「うつされる」病原菌の巣窟と化している。

 病院で感染してしまうのは、新型コロナウイルスばかりではない。まったく別の症状で病院に行ったのに“無関係”な病原体をもらって帰ってきてしまうこともある。

「腰痛で湿布薬をもらいに行っただけなのに、咳やくしゃみをしている患者さんたちと同じ待合室でずっと待たされて。翌日の夜に39℃の発熱。インフルエンザと診断されました。待合室でうつったとしか考えられません」(40代主婦)

 こんなことは日常茶飯事だが、なかには命にかかわる病気にかかってしまうケースもある。

 例えば、子供や高齢者では死亡するリスクもあるノロウイルス。感染者の下痢の便の中にはノロウイルスが大量に含まれているので、便を流した水が飛び散り、ウイルスが便座に付着している場合もある。『病院でもらう病気で死ぬな!』(角川新書)の著者で、医師の堤寛さんはこう言う。

「病棟で嘔吐と下痢があれば、ノロウイルスを疑います。医療従事者が気づけば消毒を徹底しますが、患者さんの中には、嘔吐しても自分でサッと掃除して済ませてしまう人もいる。すると残ったノロウイルスが便座やドアノブ、手洗い場の蛇口などに付着し、ほかの人が感染してしまう」

 入院患者のお見舞いに切り花を持っていく機会も多いが、その花が感染源となるケースもあるというから驚きだ。堤さんが続ける。

「花にアスペルギルスというカビが繁殖し、それが免疫力の弱い患者の気管に入ると重篤な肺炎を引き起こす危険性があります」

 このカビは病院内では生花やドライフラワーの表面、花瓶の水、エアコンの吹き出し口などから多く検出されるという。

「転倒して骨折し、入院していた高齢の母が、なぜか入院中に重篤な肺炎になってしまった」(50代パート)というのは、まさにこのケースだったかもしれない。

 同じく重篤な肺炎の原因となるレジオネラ菌は、加湿機の水のタンクの中でも繁殖する。2018年には、大分県の老人ホームで、加湿機に繁殖していたレジオネラ菌が原因で集団感染が起こり、死亡者が出る事態が発生している。

 胃の検査で使う内視鏡で以前から問題視されてきたのが、ピロリ菌の感染だ。ピロリ菌は胃潰瘍や十二指腸潰瘍を引き起こすほか、胃がんなどの発症率を高めるといわれている。胃の病気を見つけるために受けた検査で、胃の病気をうつされてしまうのでは、たまったものではない。

 眼科では、アデノウイルスへの感染が心配だ。感染すると流行性角結膜炎(はやり目)になり、結膜がむくんで充血。通常なら2週間ほどで自然治癒するが、ひどくなると視力障害が残ってしまうケースもある。

「感染者が病院で眼底検査を受けると、検査機器にアデノウイルスが付着し、その後に検査を受けた人に感染してしまいます。このウイルスは感染力が非常に強く、片方の目に感染するともう片方も感染するケースが多い。

 アデノウイルスを持っている患者が、病院内でほかの患者に感染させることもあります。そのため、流行性角結膜炎の患者にはどこにも寄らずすぐに帰宅するように強く指導します。しかしその指導を無視する患者がいると、眼科以外を受診したのに、知らないうちに感染してしまう可能性もゼロではありません」(前出・堤さん)

 知れば知るほど、病院はウイルスや細菌だらけ。それでも病院に行かなければいけない人はどうすべきなのか。医療ガバナンス研究所理事長の上昌広さんはこう注意を促す。

「新型コロナウイルスが空気感染する可能性が出てきてしまい、ウイルスが付着しているところを触らないように気をつけるだけではダメという事態になってきた。ですから、本当なら“できる限り病院に行かない”のがベストです。

 血液検査などでどうしても行く必要がある場合は、まずは最低限の対策として、従来通りとにかく手で触れる場所を減らすこと。できる限り人との距離を取ること、そして長居せず、待ち時間が長くなるようなら、外で待たせてもらうなどの交渉をしてみることも必要でしょう。ただし、いくら対策をしても完璧とはいかない。帰宅後の手洗いとうがいを徹底してください」

 身を守るには、病院に近寄らないことだ。

※女性セブン2020年4月9日号