「目玉焼き」「ゆで卵」「ポーチドエッグ」。簡単そうで意外と深い、見た目や食感、おいしさを極める調理ポイントをたまごソムリエの友加里さんに聞いた。

 卵は安価な食材ながら、ビタミンCと食物繊維以外のすべての栄養素がバランスよく含まれる“完全栄養食品”。

「焼いたり、ゆでたりはもちろん、いろんな調理を楽しめるので飽きない食材です。健康のためにも、毎日の料理にどんどん、取り入れてほしいですね」(友加里さん)

◆目玉焼きを極める

【1】焼く前に塩ひとつまみ
フライパンにサラダ油適量を熱したら、塩ひとつまみを振り入れる。卵を焼いた上から塩を振ると黄身の色が変わりやすいため。

【2】低い位置から割る
フライパンに近い位置で、卵をそっと割り入れる。白身が広がりにくく、形が整う。濃厚卵白を箸でならせば、より火が通りやすい。

【3】ふたはせず弱火で焼く
弱火で黄身の周りの白身が固まるまでじっくり焼くと濃厚な味わいに。ふたをして蒸し焼きにすると早く焼けるが黄身に白い膜が張る。

●のせるだけ! トースターで手軽に

「お好み焼き風目玉焼き」の作り方

【材料】(1人分)
卵:1個
ピザ用チーズ:20g
揚げ玉:10g
紅しょうが:10g
ソース:小さじ2
削り節:適量
青のり:適量

【作り方】
【1】クッキングシートにピザ用チーズをドーナツ状にのせる。
【2】【1】のチーズの上に揚げ玉と紅しょうがを散らして、ソースをひとまわしする。
【3】【2】の真ん中に卵を割り落としたら、トースターで5〜8分焼く。
【4】【3】に青のりと削り節を振りかける。◆ゆで卵を極める

【1】湯に塩を入れる
鍋に卵がかぶるくらいの湯を沸かし、塩適量(卵3個に対し小さじ1)を入れる。殻が割れたとき、中身が出るのを防ぐ。

【2】卵をそっと入れる
網杓子などにのせ、沸騰したお湯の中へそっと置くように入れる。卵は常温に戻す必要はなく、冷蔵庫から出したものでOK。

【3】卵をコロコロ転がす
2分ほど菜箸で優しく転がす。水流を作り、遠心力で黄身を中央に定める。黄身の固さにより5〜10分で引き上げる。

黄身の固さは、5分でトロトロ、7分半で半熟、10分で固ゆでに。黄身が余熱で固まるのを防ぐため、すぐ冷やすことも忘れずに。

●「みそ漬けゆで卵」の作り方

【材料】(6個分)
ゆで卵 6個
(A)
みそ:小さじ4
みりん:大さじ5
砂糖:小さじ2
しょうゆ:小さじ3
ごま油:大さじ1
おろしにんにく:小さじ1/2

【作り方】
【1】(A)の調味料を混ぜ合わせ、電子レンジ(600W)で1分加熱する。
【2】【1】を冷蔵庫で冷やしたら、ゆで卵を浸して冷蔵庫で1〜2日漬け込む。◆ポーチドエッグを極める

【1】水様卵白をこす
卵をざるでこし、水様卵白のみを取り除く。卵を湯に落としたとき、卵白が湯の中で散らばるのを防ぐことができる。

【2】湯に酢を加える
耐熱容器が沈むくらいの湯を沸かし、大さじ2の酢を入れて再沸騰させる。酢が卵の表面を固まりやすくする。

【3】耐熱容器に卵を落とす
湯に耐熱容器を沈め、その中にこした卵を落とし入れて、2分半〜3分加熱。耐熱容器を使うことで鍋底につきにくくなる。

【4】卵を水で締める
耐熱容器ごと取り出し、湯を捨て、水を加えて卵を冷やす。黄身の余熱をとる効果も。水を替えるので酢の味も残らない。

●「生ポテトサラダ」の作り方

【材料】(1人分)
ポーチドエッグ:1個
じゃがいも:2個
厚切りベーコン:20g
きゅうり:1/2本
マヨネーズ:大さじ4
塩・黒こしょう:各少量

【作り方】
【1】じゃがいもをラップに包み、電子レンジ(600W)で3分加熱する(2個同時加熱の場合は5〜6分)。
【2】厚切りベーコンは食べやすく切り、フライパンで焼く。きゅうりは薄切りにして塩適量(分量外)で揉み、水で洗い流して水気をしっかり絞る。
【3】じゃがいもの皮をむいてつぶし、【2】を加えて混ぜる。
【4】【3】が冷めたら、マヨネーズ・塩・黒こしょうで味を調える。器に盛り、ポーチドエッグをのせる。

※女性セブン2020年4月9日号