新型コロナウイルスの猛威は収束の気配を見せないが、コロナ感染への恐怖もさることながら、それ以上に深刻なのが「病院閉鎖」の拡大だ。感染者の発覚や院内感染予防などのために医療機関が休診すると、薬の処方や治療・リハビリなど、普段は当たり前だった医療が受けられなくなる。今、まさに全国で起きている病院閉鎖――我々が覚悟しておくべき“最悪の事態”とはどのようなものか。

◆突然〈休診します〉の張り紙

 椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症に悩まされる首都圏在住のA氏(48)は2週間に1度、隣町にあるクリニックを訪問している。

 3月下旬、いつものように予約済みのクリニックを訪れると、入り口に「休診」の張り紙とこんな注意書きがあった。

〈マスクと消毒用アルコールの在庫が切れ、医療機関向けの卸業者からの入荷のめども立たないため、3月末から1〜2週間休診します。4月中旬に再開予定です〉

 途方に暮れた様子でA氏がつぶやく。

「毎回、消炎鎮痛剤や胃薬を2週間分処方してもらっていました。日常生活で少しでも無理をすると腰の神経が炎症を起こし、薬なしでは歩行困難になります。ちょうど薬が切れるところなのですが、どうすればいいのか……。新型コロナとヘルニアが関係するとは思ってもいなかったのでショックを受けています」

 かかりつけの病院で薬がもらえない──今後、A氏と同じ境遇の人が爆発的に増加することが懸念されている。

 世界的な感染拡大が続く新型コロナウイルス。これまで医療従事者や職員に新型コロナの陽性患者が出て外来を閉鎖したり、陽性患者の通院によって院内感染が広がり、医療現場がパンクするケースが報じられてきた。

 これに加え、現在急増しているのは、備品不足による病院の自主休診だ。医療ガバナンス研究所理事長の上昌広医師が指摘する。

「全国の医療機関でマスクやアルコール消毒液が不足しています。本来ならば医師は患者ごとにマスクを変えて手洗いをすべきですが、慢性的な供給不足が起きており、新型コロナ陽性患者の受け入れを表明した病院ですら、医師に支給できるマスクは1日1枚というところがあります。

 いまや世界的な感染拡大で需要が増えており、全国の医療機関に十分な量が供給される見通しが立たない。この先、休診に追い込まれる医療機関がさらに増加する可能性がある」

 全国47都道府県の保険医協会は、「医療機関のマスク・消毒液不足」に関する緊急アンケートを実施した。各都道府県のアンケート結果は4月初頭に取りまとめられる予定となっているが、業務用マスクについて茨城県保険医協会では、「既に足りない」が20.2%、「足りているが、あと15〜30日分しかない」が50.6%に達するなど、集計が済んだ多くの地域で同様の備品不足が続出した。

 アンケートの自由回答では、「このままでは休診に追い込まれる」(千葉県保険医協会)、「早く納入できなければ、医療に支障が出ます」(岐阜県保険医協会)など、現場の窮状を訴えるSOSが噴出した。

 このような状況の中で、今後、新型コロナの感染者が増加していけば、病院閉鎖はますます拡大していく。

※週刊ポスト2020年4月10日号