外出自粛生活が続くと、毎日3度の食事の支度も億劫になってくるだろう。外食でもしたいところだが、それも難しい…。ということで、今だからこそ食べたいお取り寄せグルメを紹介。素材の味を楽しめる絶品を専門家に教えてもらった。

◆東京・TOKYO468食材『フランス産ホワイトアスパラガス(露地栽培)』

【紹介してくれたのは…】
●イタリアンレストラン『TACUBO』シェフ・田窪大祐さん
 東京・恵比寿にあるミシュラン1つ星レストランオーナーシェフ。薪で炊いたダイナミックな肉料理が有名。

「TOKYO468食材は、レストランで使うクオリティーの食材を家庭でも手軽に使うことができるのが魅力。野性味あふれるえぐみと甘みをもった旬のホワイトアスパラを、ぜひ食べてみてください」。4本1500円〜

住所:東京都品川区二葉4-1-3

◆千葉・FARM YARDいしの『フルーツトマト』

【紹介してくれたのは…】
●プロデューサー・人気ブロガー 飯野晴子さん

 大手広告代理店で女性営業職のパイオニアとして活躍後、76才の現在もフリーで企業PR等を行う人気ブロガー。

「糖度が高くてトマトの味が濃くてみずみずしいです。得意先の都内の高級レストランが次々営業自粛になってしまい、個人宅にも販売を始めることにしたのだそう」。2㎏4000円(送料・代引き手数料込)。注文はFAX、支払いは代引きにて。
住所:千葉県いすみ市岬町榎沢1092-1

◆東京代官山・フレンチレストランLes enfants gates
『4種類のポタージュ・スープセット』

【紹介してくれたのは…】
●前出・飯野晴子さん

「『ミシュラン東京2020』で13年連続星1つを獲得したフレンチの人気店のスープは、便利だし、お店と同じ味なので冷凍庫に常備しています」。フランス産古代麦とキヌア入り菜園風スープ、にんじんのポタージュ、7種の野菜のポタージュ、ごぼうのポタージュ。3300円

住所:東京都渋谷区猿楽町2-3

■撮影/宮本信義

※女性セブン2020年5月7・14日号