平時なら「ゴロゴロすること」は決して褒められないが、今やコロナ感染拡大防止のための重要なミッションなのだ。しかし「ゴロゴロする」と言っても、体にいいものと悪いものがある。

 例えば、映画やドラマを一気見する人は、「何で見るか」が重要だという。清水整形外科クリニックの清水伸一医師がいう。

「椅子に座ってテレビ画面で視聴したほうが、胸が開いた状態なので呼吸がしやすく、脳への血流もアップするので疲労感が感じにくくなります。

 手元のスマホ・タブレットで見ているとうつむく時間が長くなり、お腹を縮めて胸を閉じた状態になるため、肺が挟まり疲労感を感じやすくなる。疲れたと感じたら窓を開けて空を眺めたり、意識的に上を向く姿勢を取ることが大事です」

◆「アクション映画」か「感動ドラマ」か

「何を見るか」によっても健康への影響が代わってくるという。秋津医院院長の秋津壽男医師は「感動ドラマがよい」と語る。

「感動ドラマを鑑賞して登場人物に共感したり、幸せな気持ちになると、脳内に“幸せホルモン”と呼ばれるオキシトシンが分泌され、免疫力の向上につながります。最近の研究では、オキシトシンが分泌されると、がん細胞を攻撃するNK細胞が活性化するとわかってきました」

 楽しめて免疫向上につながる一石二鳥の作品を選びたい。

◆入浴は「温度」と「時間」に注意!

 時間がたっぷりある日はダラダラ長風呂を楽しむのもオツなもの──そんなときは「湯温」と「時間帯」に気をつけたい。前出・秋津医師がいう。

「交感神経の興奮を抑えてスムースに入眠するために、寝る1〜2時間前までに入浴しましょう。ぬるめのお湯に半身浴で長く浸かるほうが心身ともにリラックスできて健康にいい。

 熱い風呂に短時間浸かるとさっぱりした気持ちになりますが、心拍数が増加したり、交感神経が高まって血管が収縮し、血圧が上昇したりするリスクもあります」

※週刊ポスト2020年5月8・15日号