平時なら「ゴロゴロすること」は決して褒められないが、今や自宅でダラダラ・ゴロゴロして過ごすことはコロナ感染拡大防止のための重要なミッションなのだ。しかし「ゴロゴロする」と言っても、体にいいものと悪いものがある。

 例えば、家でゴロゴロしていると、小腹が空いてついつい間食をしてしまうもの。健康検定協会理事長で管理栄養士の望月理恵子氏が指摘する。

「間食そのものは結構ですが、何を食べるかが大切です。私は『フルーツ』をお勧めします。フルーツに含まれる果糖は、ほとんどが肝臓で代謝されるので血糖値が上がりにくい。外出自粛でストレスがたまっている人は、ストレスに対抗するホルモンを生み出すビタミンCが豊富なイチゴやキウイを積極的に摂取しましょう。

 抗酸化作用があり、テレビやパソコンで酷使した目を癒してくれるブルーベリーもお勧めです。大袋のポテトチップスや油で揚げたドーナツ、甘いスイーツは脂肪分が多くなるので避けたほうがよいでしょう」

◆お酒は「日本酒」か「焼酎」か「ウイスキー」か

 休みが続くと、翌日を気にせずお酒を楽しみたいところ。望月氏は「飲むお酒の選び方」が重要だと指摘する。

「焼酎やウイスキーなどの『蒸留酒』のほうが、芋や米などの原材料に含まれる糖質が取り除かれているので太りにくい。ビールを飲みたい人も、糖質オフのものを選んでください。ただしアルコール自体にもカロリーはあるので、気になる人は、焼酎やウイスキーを水やソーダ、お湯などで割るとよいでしょう」

◆「晩酌」よりも「昼酒」

 飲酒は「タイミング」も重要だ。秋津医院院長の秋津壽男医師がいう。

「寝る直前に飲酒する人は、アルコールの利尿作用で夜中に目が覚めて良質な睡眠を妨げたり、酒量が増えて依存症になるリスクも高まります。

 起きているうちにアルコールを分解するためには、就寝する2時間前に飲酒を終えるか、いっそお昼にお酒を飲むほうが望ましい。その際、適量にとどめたほうがよいのは言うまでもありません」

◆アルコールの分解を促進する「つまみ」

 お酒の種類や量、時間帯だけでなく「つまみ」にも気を配りたい。望月氏は「飲酒時はつまみを賢く食べることで体へのダメージを抑えられる」と指摘する。

「たんぱく質を豊富に含んでいる枝豆を飲酒時につまみとして食べると、体内で分解されたアミノ酸が肝臓のアルコール分解をサポートし、肝臓の負担を軽くしてくれます。冷ややっこやゆで卵なども枝豆と同様のたんぱく源になるのでつまみに最適です」

※週刊ポスト2020年5月8・15日号