2020年7月1日から全国の小売店でレジ袋が有料化される。それに先立ち早々に有料化を導入する店も多数出てきた。レジ袋削減を促すため、行動経済学に基づいた実証実験なども行われているが、果たしてその効果は? 作家の内藤みか氏がレポートする。

 * * *
 今から30年ほど前、当時女子高生だった私は地元山梨県のスーパーでレジ係のアルバイトをしていました。当時は購入者には必ずレジ袋を渡す決まりになっていて、アメ1つ買うのにも袋を消費していました。無駄ではないかと上の人に聞いてみましたが、レジ袋は品物を買った“しるし”なので、必ず渡すようにの一点張りだったのです。

 高齢者の中には、レジ袋をもったいながり「自分のバッグに入れるから要らない」と断わるお客様もいましたが、それをお店は認めませんでした。自分のバッグに直接品物を入れられると、万引きとの区別がつかなくなるから困るとのことでした。

 現代では、レジ袋をできるだけ渡さない方向に進んでいるのは、環境的にはとても良いことです。

◆トクをしないと動かない日本人

 今では私はエコバッグを2つ持ち歩いています。これまではスーパーだけに使っていましたが、いまやドラッグストアなどあちこちでレジ袋省略の動きがあるため、ひとつでは足りなくなってしまったからです。

 最近多くの人がスマホ決済を利用するようになりましたが、ポイント還元などでトクすることが大きな理由でした。エコバッグもそれと同じ理由が多いかもしれません。

 私が行くスーパーではレジ袋を辞退すれば2円分のポイントを付けてくれますし、無印良品でもマイル(ポイント)を加算してくれるのです。使ったほうがトクだと感じたからこそエコバッグを使う人が増えていったのでしょう。

 先日、いつもとは違うスーパーに行きました。そこではレジ袋がまだ有料化されておらず、エコバッグを持って行ってもポイントもつきません。だからなのか、多くの人がレジ袋を受け取っていました。コンビニでエコバッグを使う人が少ないのも、特典がないからだと思います。

 しかし、ついにコンビニのミニストップが5月に各店250枚限定でエコバッグを配布するそうです。でもこの方法だともらえた250人しかエコバッグを使うようにならないかもしれません。エコバッグを持ってくる全員にポイントを付け、ある程度溜まったらおにぎり1個など何かをプレゼントしたほうが成果が持続する気がするのですが。

◆レジ袋必要な人に「ごみ写真カード」

 レジ袋はすでに60か国以上で規制され、有料どころか禁止となった国もあるほど。レジ袋の次はペットボトルとも言われています。すでにロンドンでは各地に給水スポットが備えられたため、ペットボトル買いをやめ、水筒を持ち歩く人が増えているのだとか。

 3月下旬、経産省がコンビニで行ったレジ袋削減に向けた実証実験の結果を公表しました。

 スーパーなど多くの店では、エコバッグ持参でレジ袋が必要ない人が「NO!レジ袋」などと書かれたカードをレジ係に見せるシステムを取っています。けれど、この実験では行動経済学に基づき、レジ袋が“必要な顧客”がカードを提示するという形式を取ったのです。しかも、そのカードには、海岸に漂着したプラスティックごみの写真が大きくプリントされていました。

 その結果どうなったかというと、レジ袋を辞退する人の数が今までの24.5%から74.5%と、なんと50%も増えたのだとか。誰だって汚れた海の画像は見たくはないし、レジ袋をもらうことで自分がその原因を作っていると言われているかのようで気が咎め、エコバッグを持参するようになったのでしょう。

 もしこれが人気男性アイドルや俳優などの写真だったらどうだったでしょうか。逆にイケメン見たさにわざとレジ袋を欲しがる人が増えてしまったかもしれません。

 想像することが苦手な人が増えているといいます。けれど、この漂着ごみの画像は、それを見た人に「なぜ砂浜にこんなにレジ袋が」と直接的に想像させる力を持っています。そしてその結果、「このレジ袋が環境汚染になりかねない」ということに気づかされるのでしょう。

 自分の頭で考え、理解できたことは、人はなかなか忘れません。さらに、画像で突きつけられているので脳にもその悲惨な光景がしっかりと刻み込まれれば、エコバッグを持たなくてはという意識も持続するのではないでしょうか。

◆視覚に訴えて行動変容を促す

 悲惨な画像を見せることで人の行動が抑制できるのだとしたら、レジ袋以外にも応用ができるはずです。

 たとえば夫の浮気防止です。妻以外の女性に連絡を取ろうとすると、離婚届を持って仁王立ちする妻の画像が自動的にスマホに現れるようにセットできたらどうでしょう。たちまち萎えて、浮気は激減するのではないでしょうか。

 また、ネットでの衝動買いをやめたいという女性がいるとしたら、ネットショッピングする時、予算オーバーの商品の購入ボタンを押そうとした際は、残高がマイナスになっている通帳の画像が出てくるようにしたらどうでしょうか。支払いが大変かもと思い至り、消費を控えるようになるかもしれません。

 タバコのパッケージでも、海外では真っ黒になった肺などの怖い画像がプリントされているものが増えています。「健康を害する恐れがあります」などという活字オンリーの注意書きより、視覚に訴えかけたほうが印象は強烈です。

 画像を使って行動変容を促す方法は、今後さらに増えていくような気がしますが、人の倫理観のみに頼るだけではやはり限界があります。100%の人がレジ袋を使わなくなるためには、強い規制が必要でしょう。

 レジ袋が有料化されたといっても、その価格はわずか2、3円というところが多く、それほど負担にはなりません。いっそ500円以上の高額料金を設定して財布を痛めたほうが、エコバッグの浸透につながるのではないでしょうか。