おうちで過ごす時間が増えているいま、家族の食事を支えているのが「インスタント袋麺」。“5食パックで購入”がおトクだが、全部同じ味だと…そんなマンネリを打破するアイディアいっぱいのアレンジを、ラーメン好きのプロが伝授。「え? これが本当に袋麺!?」と衝撃必至の新感覚な一杯を、ぜひおうちで楽しんでみて!

【教えてくれたのは…】

・料理研究家 スヌ子さん(本名・稲葉ゆきえ)
 大のスヌーピー好きで自身も似ていることから「スヌ子さん」の愛称で親しまれる。東京・日本橋『ギャラリーキッチンKIWI』で料理教室を主宰。著書に『酔いどれスヌ子の麗しごはん』(小学館)など。

・トイ・ボックス 店主 山上貴典さん
 東京・三ノ輪にあるラーメン店『トイ・ボックス』店主。2013年に開店し、翌年から6年連続ミシュランビブグルマンに輝く。5種の地鶏と水だけで作る繊細なスープが人気。袋麺やカップ麺も愛しアレンジが得意。

※使用しているインスタント袋麺は一例であり、同じ味ならば他商品でも作れます。インスタント袋麺の販売状況は、地域によって異なる可能性があります。

◆「みそ」キムチ納豆チゲ

「煮込みラーメンには『サッポロ一番』のちぢれ麺がよく合います。豚肉やキムチからいいだしが出るので付属のスープは少なめに。納豆は煮込むととろみが出て新感覚のおいしさ!」(スヌ子さん)

《作り方》
【1】ポリ袋に豚こま切れ肉60g、白菜キムチ50gを汁ごと入れ、よく揉み込む。
【2】しいたけ1枚は縦薄切り、長ねぎ3cm分は斜め薄切り、豆腐50gは大きめのひと口大に切る。
【3】鍋に水2.25カップ、【1】、しいたけ、豆腐、納豆1パックを入れ、中火にかける。沸騰したら『サッポロ一番 みそラーメン』1袋の麺を入れ、4分ゆでる。
【4】火を止め、付属の粉末スープ2/3量を加えて混ぜる。器に盛り、長ねぎをのせ、付属の七味唐辛子を振る。

◆「柚子しお」さっぱり冷やしフォー

「全粒粉入りのヘルシー麺は本格的な生麺のよう。つるつるの食感を生かした冷たいフォーで、蒸し鶏はサラダチキンでお手軽に。パクチーを添えてもGood!」(スヌ子さん)

《作り方》
【1】赤玉ねぎ(普通の玉ねぎでも可)1/3個は縦薄切り、きゅうり1/4本は斜め薄切り、サラダチキン20gは5mm厚さに切る。
【2】鍋に湯を沸かし、『日清ラ王 柚子しお』1袋の麺を入れ、4分30秒ゆでる。ざるにあげ、流水でもみ洗いし、よく水気を切る。
【3】器に付属の液体スープを入れ、冷水1/2カップで溶かす。【2】の麺を入れ、【1】、大葉・輪切りにしたレモン各1枚をのせ、好みでフライドオニオン少量を散らす。レモンを搾って食べる。

◆「しょうゆ」ニュータンタンメン風

「ラーメンは油が命。最初ににんにくやひき肉を油で炒めてコクと旨みを足すのがポイント。これでグンと満足感が上がります。余ったスープは〆でご飯にかけて食べると激ウマ!」(山上さん)

《作り方》
【1】鍋にサラダ油大さじ1を入れ、中火で熱し、みじん切りにしたにんにく1片、豆板醬小さじ1/2、豚ひき肉50gを入れて炒める。
【2】ひき肉に火が通ったら水2.5カップを入れる。沸騰したら『サッポロ一番 しょうゆ味』1袋の麺と韓国産唐辛子(好みの粉末唐辛子でも可)・一味唐辛子各小さじ1を入れ、3分ゆでる。
【3】火を止める直前に付属の粉末スープを入れて混ぜ、溶き卵1個を回し入れる。

◆「豚骨」豆乳チーズバジルトマト

「豚骨とチーズは相性抜群! さらに豆乳でコクと旨みをアップ。トマトとバジルは付属の調味オイルで和えるとウマイ! 粉チーズはたっぷりかけて召し上がれ」(山上さん)

《作り方》
【1】鍋に豆乳1カップ、水1と1/4カップを入れ、強火にかける。沸騰したら『日清ラ王 豚骨』1袋の麺を入れ、1分30秒ゆでる。火を止める直前に付属の粉末スープを入れて混ぜる。
【2】器に盛り、角切りにしたトマト(小)1/2個とちぎったバジル1枚を付属の調味オイルで和えてのせる。粉チーズ・粗びき黒こしょう各適量を振る。

※女性セブン2020年5月21・28日号