妻と子供のことは愛している。それでも──。セックス依存には、家庭、仕事、社会的信用、それらを一度に失うリスクがある。身を滅ぼすことはわかっているのにやめられない、その衝動の正体。

 佐々木希(32才)という妻がいながら複数の女性と、時には多目的トイレで事に及んでいたアンジャッシュの渡部建(47才)。「トイレだなんて、考えられない!」という反応が多い一方で、ドキッとしている人も少なくないという。独身の女性A子さん(36才)が話す。

「どうしても気持ちが抑えられなくて、いままで交際した彼と“ここでしたい”とトイレに入ったことが何度かあるんです。彼も受け入れてくれたし、“私はほかの人より少し性欲が強いだけ”と思っていたのですが…。ひょっとして私も、渡部さんの件でニュースになっている『セックス依存症』なんでしょうか」

 過去には、クリントン元米大統領、プロゴルファーのタイガー・ウッズ、俳優のマイケル・ダグラスらがセックス依存症だと報じられた。アメリカの性的健康振興協会によると、全人口の3〜5%に当たる900万〜1500万人にセックス依存症が疑われるという。精神科医の高木希奈さんは「実は『セックス依存症』という病名は存在しません」と指摘する。

「アルコールや薬物の『依存症』は、自己の意思とは関係なく依存性物質を摂取せずにいられない“脳の病気”です。

 一方、買い物依存や異性への依存など世間一般的に使われる“依存”は、もともとの性格傾向、ストレス、生活環境、過去のトラウマなどの要因が引き金で依存に陥っている状態を指します。いわゆるセックス依存も同じです。

 それらは精神医学的な『依存症』ではありませんが、仕事や家庭、金銭面など日常的・社会的生活に支障が出るようならば、専門の医療機関を受診し、相談するといいでしょう」

◆「自分は必要とされている」という感覚

「セックス依存のメカニズムは男性と女性では違うように感じる」と高木さんが続ける。

「男性の場合は過剰性欲や性癖が要因である傾向が強いですが、女性の場合は幼少期の虐待や親の愛情不足、いじめなど、“人に必要とされている感覚”が不足している人が依存しやすい。セックスをしているときだけしか、相手が自分を必要としている、求めている、優しくされていると感じられないので、繰り返し求めてしまうのです」

 依存の実体験が描かれたマンガ『セックス依存症になりました。』(津島隆太著)の主人公は20代の頃から女性関係に奔放だったが、40才を目前に、性欲のコントロールを失う。干してある布団を叩くパンパンという音がセックスの音に聞こえる、街ゆく人の声がすべて喘ぎ声に聞こえる──。主人公はこう苦しみを表現する。

《セックスがしたくて吐きそうです 助けてください 助けてください!と叫びたいほどの性欲》

 家庭崩壊につながることも少なくない。会社員男性Bさん(37才)は、風俗通いが原因で離婚に至りそうだという。

「交際中に浮気がバレたのは、一度や二度ではありません。それでも妻は私を選んでくれ、“二度と浮気はしない”と約束して結婚しました。結婚直後は落ち着いていたのですが、同僚と風俗に行ったら今度は風俗通いがやめられなくなってしまって…。月10回は行きます。貯金を使い込んでいたのが妻の知るところとなり、いま揉めています」

 会社員女性C美さん(39才)は普段は男性と会話するだけで顔が赤らむほど奥手なタイプ。しかし、「お酒が入るとがまんできなくなる」と話す。

「昼間は嫌悪感さえ持つ会社の同僚男性でも、飲み会で隣に座るだけで、ホテルに行きたくなってしまう。朝には必ず後悔するのに、やめられないんです。既婚の上司とそういう関係になったことがバレて、“おとなしい顔して”と噂が広まり、会社にいられず転職したこともありました。

 いまは飲んだときは、初めて入るバーや居酒屋など知り合いのいない場所で相手を探します。もう男女のことで会社を辞めたくないので…」

 主婦のD子さん(45才)は、不妊治療がきっかけになったと告白する。

「いくら不妊治療を続けてもうまくいかず、夫と夫婦関係はなくなりました。そんなとき、軽い気持ちで出会い系サイトに登録したのがきっかけでした。以降、“割り切り”前提で男性と会うように。男性に抱かれているときだけ、誰かに求められているという満足感が得られるんです。性病にかかったこともありましたが、夫にバレたことはありません」

 性風俗への勤務経験がある女性も、依存に陥りやすいという。

「理由の1つは、不特定多数の男性と関係を持つことの警戒感が少ないことです。本来は妊娠や性病感染のリスクがあって、信頼できる男性以外とは性交渉を避けるものですが、ハードルが低い面がある。

 もう1つは、“セックスをすれば快楽とは別に、金銭的な利益を得られる”という感覚が作られていることです。実際、セックス依存が疑われる女性のカウンセリングをしていると、過去に性風俗の経験があると告白する人は少なくない」(精神科の医師)

 セックス依存が原因で借金に苦しんでいるケースも多い。中間管理職でそれなりに収入もある、バツイチ独身のE子さん(45才)はこう明かす。

「相手の浮気が原因で別れてから、しばらく“男断ち”をしていました。でも性欲は増すばかりだし、やっぱり人肌が恋しくて…ホストクラブに行ってみたんです。

 案の定ハマってしまい、収入に見合わないお金をつぎ込むようになってしまいました。いまでは貯金をすっかり使い果たし、借金までしています。このままではもたないことはわかっているのですが…」

◆一生つきあっていかないといけない

 セックス依存はセックスだけでなく、過度な自慰行為という形で表れることもある。

「最初は息抜きにちょっとエッチな動画を見るだけだったのに、気づいたら1日に6時間も見るようになってしまった。会社から資格試験を受けるよう指示を受けているものの、動画の見すぎで勉強ができず、もう何度も試験に落ちています。出社しても、次は受からなくてはというプレッシャーで仕事が手につかない。それでも見てしまうんです」(30代男性)

「夫とは円満で夫婦生活もあります。でも、どうしてもやめられなくて…。1人で家にいるときには、日中何時間も耽ってしまいます。さらに、外出先の映画館、試着室、トイレでも…。やめよう、やめようって思っているのに」(40代女性)

 アパリクリニック理事長で精神科医の梅野充さんが解説する。

「治療はカウンセリングが中心で、うつ病などの治療薬を用いた薬物治療はごくまれです。アルコールや薬物依存と同じで、当事者同士が経験を語り合う自助グループの活動も行われています。

 セックス依存は根本的な治療薬のない“疾患”です。回復まで地道に活動を続けるしか道はなく、一生つきあっていかないといけないものかもしれない」

 その苦しみは本人にしかわからない──。

※女性セブン2020年7月9日号