自粛期間に自宅の庭などで植物や作物を育て始めた人もいる。しかし、もし手塩にかけた菜園が荒らされていたら…? 悲しい思いを経験した主婦の相談に、弁護士の竹下正己氏が回答する。

【相談】
 うちの裏庭に小さな畑があり、野菜や植物を育てています。その畑の隣はちょっとした広場になっていて、近所の子供たちの遊び場になっています。子供たちはよくボール遊びをしていて、うちの畑にもボールが入ってくることがあります。そのため、ボールを取りに来るときは、「野菜や植物を踏まないように」とたびたび注意していましたが、先日、畑に行ったら作物がかなり踏みつぶされていました。

 子供と思われる足跡が残っていたので、おそらく近所の子供たちです。犯人が子供だった場合、その親に弁償してもらうことはできますか。

【回答】
 荒地と見間違って畑とわからない状態であれば、わざとやったとは言えないでしょうが、そうでなければ誰であれ、耕作している畑に立ち入って、作物を踏みにじることは許されません。耕作者に対する不法行為になり、立ち入った者に対して損害賠償を請求できます。

 問題は、荒らしたのが子供ということです。幼くて物事の道理がまったくわからないときは子供には責任能力がないので、賠償義務はありません。その場合は、子供を監督する法定の義務を負う者(通常は親権者である親)が子供に代わって賠償責任を負います。

 加害行為の態様によるので一概には言えませんが、小学校低学年であれば責任能力はないと解されていますから、その場合は親が弁償します。

 例外として、子供に責任能力がない場合でも、親が注意監督を怠らなかったことを証明すれば、責任を免れることができますが、親は子供の性格や日頃の行いを知っているのが普通です。

 家庭外の行為で直接監視できない場合でも、未成年者の親権者は、子の行動について他人に危険が及ばないよう注意して行動するよう、日頃から指導監督する義務があると解されています。よって、従来から責任能力のない子供の起こした事故の賠償責任の免責が認められることは極めて例外的です。

 先頃、最高裁は、放課後に小学生が校庭で練習していたサッカーボールが道に飛び出して事故を起した事例で、普通は危険を伴わない行為で偶然事故が起きた場合には、特に具体的に危険が予見できた場合でなければ、通常のしつけをしていた親は免責されると判断しました。

 しかし、他人の畑に立ち入ることは財産に損害を与える可能性の大きい行為ですから免責されることはないでしょう。

 子供が小学校高学年以上で、畑を荒らすと賠償義務など法的責任が生じるということくらいわかっていれば、責任能力があると言えます。そのような場合でも、自分の子供がボール遊びをしていて、近くの畑に立ち入っているのを知っていながら、作物を傷めないように必要な監督をしなかった親は、監督義務の不履行として子供とともに損害賠償責任を負担します。

 あなたは、日頃から注意していたとのことです。子供が特定できれば、親に弁償を求めて交渉することをおすすめします。

【弁護士プロフィール】竹下正己(たけした・まさみ):1946年、大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年、弁護士登録。

※女性セブン2020年7月16日号