【書評】『新型コロナと貧困女子』/中村淳彦・著/宝島社新書/880円+税
【評者】香山リカ(精神科医)

「夜の街」で働く女性たちは、新型コロナウイルス感染症でどんな影響を受けたのか。本書には歌舞伎町や池袋で働く18人の女性のリアルな声が詰まっている。

 たとえば地方出身、東京六大学に通う女子大生は、奨学金で学費を払い、ピンサロの報酬で生活費をまかなっている。53歳でバブル世代の父親は公務員、家庭は中流なのに「娘は甘やかさない」と仕送りをほとんどしない。著者の言うとおり、「恵まれた親世代は、現在の大学生を取り巻く環境の変化をなにも知らない」。

 現在の一般的なサービス業は非正規労働者を最低賃金で働かせるシステムになっているので、飲食店などで長時間働いても、生活費までは稼げない。やむなく高単価の労働を求め「女子大生は風俗嬢まみれになって」いる、と著者は言う。

 学生が働く店はコロナ騒動後も制限をかけながら営業を続けたが、彼女らは「コロナ感染におびえながら出勤し」「収入は半減」という事態に直面する。しかし卒業後には奨学金の返済も待っており、「どっちにしろ卒業まで風俗を続けるしか選択肢がないんです」と語るのだ。どうだろう、「うちの娘は?」と背筋が冷たくなる読者もいるのではないか。

 風俗業の女性たちは、コロナに伴う緊急小口資金貸付制度を利用しようとしても、収入を証明できる正式な書類がないことから、申請を断られることが多い。派遣法の改正などで正規雇用につける人が減り、遊ぶためではなくて生活するために風俗業につく女性が増えた。そして、今回のコロナの直撃により、「そのギリギリのセーフティネットも破壊されたのが令和の現在だ」と著者は繰り返す。

 本書を読んでなお、「貧困やコロナ感染は女性の自己責任」などと言える人はいないはずだ。生きるためにカラダを売る女性たちの困難に寄り添い、あくまで社会の病巣として問題を見ようとする著者だからこそ書けた本。下世話な興味からでもいい。ぜひ実際に手にとって読んでもらいたい。

※週刊ポスト2020年8月14・21日号