日本経済に多大なる打撃を与えた、新型コロナウイルス。仕事がなくなったり、給料が減ったりした人も多いだろう。どうかこれ以上悪くならないで…と金運アップを願う人もいるはず。そこで、風水師の暁玲華さんに、金運アップにおすすめのパワースポットを紹介してもらった。

車折神社(京都)

 摂社の芸能神社に多くの芸能人が参拝することで有名になった神社。浮き沈みの多い自由業の人や商売人は、今年のような状況になるとあっという間に予定がくるってしまい金運が不安定。そんな中、昔から商売人を支えてきたというこの神社は、清めと祈祷で難を切り抜け、モチベーションもあげてくれるでしょう。コツコツと生きることが難しいと思う人にも、そこまでの元気を出すためにも参拝してみましょう。

住所:京都府京都市右京区嵯峨朝日町23

霧島神宮(鹿児島)

 日本最大の強い神気を持つ神社。天地の間のパワーが磁石のように、細胞が同じ方向に揃うかのような体感があります。ここは、その神気で余計なものをそぎ落としてくれるので、自分の体に合わない菌や病気を分離して、心身共に健康体を取り戻してくれるでしょう。近くには温泉が充実しているので、1泊して土地の温泉につかると、体中がリフレッシュして、疲れをとってくれるでしょう。

住所:鹿児島県霧島市霧島田口2608-5

金華山黄金山神社(宮城)

 3年続けて参拝すると一生お金に困らないといわれている神社。東大寺の大仏を作る金を用意するため、黄金山付近の涌谷で金が採掘され、奥州藤原氏の財源にもなったという、金山の聖地。金華山には黄金山弁天が降りるといわれる天柱石があり、島最大のパワースポットになっています。

住所:宮城県石巻市鮎川浜金華山5番地

【プロフィール】
暁玲華/あかつき れいか。古神道研究家、スピリチュアルアーキテクト。パワースポット研究の第一人者として、パワースポットに関する著書やムックの監修など、主に全国の神社を紹介し雑誌やラジオ、講演などで活躍している。神道の研究を通じて、霊視鑑定や風水、日本の古代史まで幅広いジャンルに携わる。近著に『幸運は「準備している人」に訪れます』(三笠書房)がある。

※女性セブン2020年8月20・27日号