江戸時代に花開き親しまれた「浮世絵」は、300年以上経った令和の現在になっても、新たな発見があるのだから、おもしろい。先日、世界的にも有名な絵師・葛飾北斎の直筆とされるスケッチ100枚余りが新たに発見されたことが大きなニュースになるなど、絵師や作品におけるミステリー性も愛好家の興味をそそる。浮世絵ブームは衰えを見せない。現在も東京都美術館で開催されている「The UKIYO-E 2020 〜日本三大浮世絵コレクション」(9月22日まで)をはじめ、全国各地の美術館で浮世絵の展示が行われている。そんな背景を受けて、ウイークリーブック『週刊 ニッポンの浮世絵100』(小学館刊)が9月17日に創刊された。高橋建編集長に話を聞いてみると、「創刊にあたって専門家視点で浮世絵の名作を見直した結果、今までスポットが当たっていなかった多くの新発見があった」という。

葛飾北斎──あの「大浪」のトリビア

 葛飾北斎の代表作『冨嶽三十六景 〈神奈川沖浪裏〉』は、どうしても大きな波の方に注目が集まりがちだが、「絵の中心になっている人たち」に目を向けてみた。

「この浮世絵は、波よりも舟に乗って身をかがめている人たちに、むしろ注目したい。北斎は、この人たちの顔を簡略化して描いていますが、こんな恐ろしい波に晒されていて怯えているようにはとても見えない。むしろ“のほほん”としていて、楽しんでいるような感じにすら見えるのです」(以下、「」内の発言はすべて高橋編集長)

 実際、描かれている舟は非常に足の早い高速艇。船員がおっとりとした姿でいられるのは、自然と共生していく日本人独特の「自然感」の表れで、「たとえ今大変なことがあっても、そのうちこれも終わるだろう」という感情があったのでは、と分析する。

「どんな場合でも自然と生きていく、良いときも悪いときも自然と生きていく──日本人独特の心象が現れているのではないか、と考えます。そして、そういった心象を支えているのが、まさに奥に描かれている富士山なのです。画面の中に非常に小さく描かれているのですが、画面の中心部分にあって霊峰ともいわれる“聖なる山”。これが遠くからこの人たちを見守っている、と見ることができる」

『神奈川沖浪裏』は、つまり、波の向こうに遠くに富士山を見ているという絵ではなくて、「富士山が遠くから人々を見守ってくれている」浮世絵であるのだという。

「北斎漫画」で描きたかったもの

 北斎が一番に描きたかったのは何だろうか?──その答えは、『北斎漫画 十二編 〈風〉』という作品の女性の姿にあるのだと、高橋編集長は力説する。

「北斎はこの絵で何を描いていたかというと、実は“女性”を描いているのではなくて“風”を描いていたのです。見えない風…普通だったら描くことができない風。風に煽られている女性の姿を描くことによって、逆説的に“風”そのものの姿、そのいたずらっ気のある魅力を描いているのではないか、と考えます」

 北斎は、世界中の画家たちに非常に影響を与えていたことは良く知られている。特に、ヨーロッパの画家たちは、それまで、目に見えるものしか描いてこなかったが、この『北斎漫画』が海外に伝わることによって、西洋の画家たちも「風」「気候」「雨」といったものを描くようになっていったという。

写楽の役者絵の謎が解けた!

 一方、生没年も正体もわからない謎の絵師と呼ばれているのが、東洲斎写楽。写楽の代表作といわれるのが、三代目大谷鬼次を描いた役者絵だ。

「歌舞伎役者が『江戸兵衛』という役を演じている場面なのですが、江戸兵衛がどういう役なのか、その歌舞伎の演目を知らなくてもこの絵を見るだけではっきりとわかるというのが、写楽の魅力。色数が少ないにもかかわらず、見ている人に、質素で地味な印象を与えない」

 というのも、何となく光を孕んで輝いているように見える背景に、ある工夫がされていた。

「これは、雲母摺(きらずり)といいまして雲母の粉をニカワで貼り付けてある。光を当てると、ほんのりとメタリックな光を放つ。こういった技法というのは、1980年代にアメリカ・ポップアートの代表的作家(画家・版画家)であるアンディ・ウォーホルも真似をしているほど、まさに現代ポップアートの元になっていると、考えることもできる」

 さらに詳細に『江戸兵衛』の全図を見てみると、「顔を大きく描く」という技法がみてとれる。これは「大首絵」といって美人画の代表絵師・喜多川歌麿が始めたもの。それを役者絵に応用したのが、写楽だという。

「『江戸兵衛』に描かれている両手は、いったい何をしている手なのか?というのは、ずっと謎だったのですが、歌舞伎演目の筋を眺めていくと、どうやらこの手は、通りかかった男が持っている金を奪うために“通せんぼ”をしている手の仕草を描いたもの。ただし、それにしては異様に小さく手が描かれている。顔に比べるとあまりにも小さいのですが、小さく描くことによって、逆にこの手のポーズが、見るものに印象的に伝わるのではないかと、写楽は考えたのだと思います」

歌川広重は「東海道五拾三次」を歩いていなかった!?

 名所絵で有名な歌川広重の代表作『東海道五拾三次之内』にも新たな発見があった。広重の特徴である叙情的な風景描写が良く描かれている作品だ。

「そのうちの一枚、雪の降る夜、深い雪に覆われた銀世界を描いた『蒲原 夜之雪』の場所は、いったいどこにあるのだろうと思って調べてみたところ、現在の静岡県清水市だということがわかった。静岡県の清水市に、こんなに雪が降るのだろうかと、絵を見ていて不思議に思ったのですけれど、当時の清水市には、雪自体めったに降らなかったことがわかった。にもかかわらず、なぜこんな光景を広重が描いたのだろうかということを研究してみた結果、当時、広重は『東海道五拾三次』という名所絵を描いておりましたが、実際にはほとんど、それらの場所を歩いていない、ということがわかった。広重は、当時の観光ガイドブックを参考にして、想像の中でそれぞれの宿場を描いていったというのが真実のようでした」

 どうしてわざわざ「蒲原」に雪を降らしたかというのは、現在の研究でも謎のままだが、これはあくまでも「想像の風景画」。事実よりもリアルな風景画を描くというのが、広重の才能の凄さだったのかもしれない。

セザンヌ、バスキア…西洋美術への影響も

 前述のように、北斎や写楽の浮世絵が西洋絵画に非常に影響を与えたことは良く知られているが、具体的にどのような影響を与えたのか。

「北斎の『冨嶽三十六景』の一場面に『甲州三嶌越』がありますが、これに対してポスト印象派の巨匠、ポール・セザンヌの『サント・ヴィクトワール山』は、画面の真ん中に風景の邪魔をするような木を描く。これまで西洋絵画にはなかった技法なのです。木をわざわざど真ん中に描いて風景を見にくくしている。これはセザンヌが北斎の強い影響を受けて、こういった絵を描いたのではないかということがわかってきた」

 一方、現代美術の巨匠、ジャン=ミシェル・バスキアと写楽の絵の描き方というのを比べてみるのも興味深い。

 写楽の『江戸兵衛』とバスキアの『無題(黒い骸骨)』比べてみると、双方、顔の部分だけを描いただけなのになんとなく動きを感じられる構図になっていることがわかる。

「江戸兵衛は、“画面の中心線からちょっと顔の位置をずらしてこちらの方向を見ている”という構図にすることによって、見ている人の方に向かって動いているような、動きが感じられる。同じようにバスキアの骸骨も、若干中心線から外れることによって、こちらをジッと見つめるように感じられる。バスキアも、写楽の役者絵を知った上で、こういう現代美術を描いたのではないか、と考えられます」

 これらの浮世絵トリビアは、9月17日創刊の『週刊 ニッポンの浮世絵100』でも明かされているが、このウイークリーブックは、最高水準の印刷技術で浮世絵の名作を再現している。高橋編集長はこう話す。

「ウイークリーの浮世絵ブックですが、専属のプリンティングディレクターを立て、専門的に色彩設定を施し、実物の浮世絵に近い形で再現することに、とことんこだわりました。これだけの手間をかけた編集は、1冊数万円する豪華な浮世絵本と印刷手順や作業の仕方は、まったく変わりません」

 芸術の秋、浮世絵の新たな魅力を発見してみては。