新型コロナウイルス感染症の流行拡大とともに、1日に何度も遭遇するようになった“アレ”に戸惑う人が増えている。妊活中で婦人科へ通院する会社員の大岸麻美さん(仮名・36才)は、今夏に体験したこんなトラブルを打ち明ける。

「婦人科の予約時間がギリギリだったので、炎天下に駅から走って行ったんです。到着してすぐ病院の受付で検温したら37.5℃もあり、外へ出るよう指示されました。寝起きに基礎体温を測ったときは36.7℃の平熱だったので、そんなはずはないと説明し、もう一度測ったら36℃台まで下がっていました。事なきを得ましたが、周囲にはコロナを疑われているようで気まずい思いをしました」

 病院だけではない。普段から平熱が高めの大岸さんは、外出先の検温でたびたび肝を冷やすという。

「体調にまったく不安がなくても、37℃以上あるとドキッとします。どこへ行っても検温されるのがストレスで、妊活中でなければ本当に解熱剤をのみたいくらいです」(大岸さん)

 体温が高くて悩む人がいれば、逆のケースもある。主婦の清田玲子さん(仮名・49才)が話す。

「週に2日通っているスポーツクラブでは、フロントで非接触型の体温計を額か手首に当てて測ります。それが毎回、35℃台で、先日はついに34.9℃と出ました。フロントの人からも『こんなに低くて大丈夫ですか?』と心配されたほど。自覚症状はありませんが、どこか悪いのではないかと不安になります」

 今年2月、厚労省は「帰国者・接触者相談センター」に新型コロナ感染の相談をし、受診する目安として「37.5℃以上の発熱が4日以上続く」という基準を発表した。この目安は5月8日に削除されたが、いまも「37.5℃以上はコロナの疑い」という風潮が残り、この体温を超える人は店へ入ることを断られたり、企業では自宅待機を命じられることが多い。

 突然始まった感染症騒ぎで、全国民が「体温」を意識するようになった。「高い」「低い」と振り回されっぱなしの私たちだが、そもそも人間には「理想の体温」が存在するのか。

人間の体にとってベスト体温は「37℃」

 コロナ禍以前、「平熱は高い方がいい」というのが常識だった。どうやら、それは間違いないようだ。免疫のスペシャリストで『体温を1℃!上げなさい』(自由国民社)の監修を務める医学博士の飯沼一茂さんが解説する。

「人間の体は、食べたものを必要な栄養素に分解したり、エネルギーに変えるなどの活動を常に行っています。主に血液中に含まれる『酵素』という物質が大きな役割を果たすのですが、血流がよくなり、酵素が最も活性化する温度が『37℃』。人間の体は、基本的に37℃ですべてうまく働くようになっているのです。そのため、体温が37℃に近づくよう、無意識のうちに脳がコントロールしています」

 暑いとき汗をかくのは、体温を下げるために脳が体に指令を出しているからだ。頭からつま先まで全身が37℃に保たれることが理想だが、冬は手足が冷たくなりやすい。

「体温調整で最も重要なのは、大事な臓器が集中する“体の芯の温度”を一定に保つことです。特に司令塔である脳は温度変化に弱く、体温が44℃以上になれば脳に障害が起こり、33℃以下になれば意識を失う。寒いところで手足が冷えるのは、体の芯を守るために末端の血管を収縮させ、熱が逃げるのを防いでいるからです。体が震えたり、鳥肌が立つのも熱を産出したり、体温を保つための働きです」(飯沼さん・以下同)
 
 つまり、手足を犠牲にしてまでも生命維持に必要でより重要な臓器の温度を保とうとしているわけだ。体温が下がることは、重大な病気のリスクにもつながる。

「がん細胞は35℃台の低体温のときに増加します。心臓にがんができたという話を聞いたことがないのは、心臓は常に血液が通って温かいためです。ウイルスをブロックする、のどや鼻の『粘膜免疫』が充分な働きをするためには36.5℃以上の体温が必要といわれます」

 平熱が低い現代人は37℃以上の熱が出ると「微熱」と判断する人も多い。「仕事を休めないから」と、解熱剤を服用する人もいる。飯沼さんは「安易に解熱剤をのむことは推奨できない」と話す。

「風邪をひいたり、インフルエンザに感染すると発熱します。これは体内の免疫がウイルスを倒すために闘っているからです。しかし、解熱剤を使って体温を下げると免疫の働きが鈍り、ウイルスが体に残った状態になってしまう。40℃以上の発熱が数日続くなど脳に障害が及ぶ危険がない限り、解熱剤の服用は控えるべきでしょう」

 決して自己判断で薬をのまず、病院を受診しよう。

※女性セブン2020年12月10日号