“駅弁の甲子園”と呼ばれる京王百貨店新宿店「元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」が1月20日まで開催中だ。42都道府県の駅弁約300種類が集結している。56回目を数える伝統のイベントは来場客同士の距離をとりながらも、盛況を見せている。全国から選りすぐりの駅弁を紹介しよう。

●福井県 北陸本線 福井駅
『越前かにすし セイコガニ盛り』番匠本店 1580円

 明治35(1902)年創業の老舗調製元の新作駅弁。国産セイコガニ(ズワイガニの雌)の身、卵巣、味噌、卵などを酢飯に盛り付けた“カニの宝石箱”。

●新潟県 信越本線 長岡駅
『ニャがおか あふれ海鮮かんぴょう巻寿し』池田屋 1180円

 魚沼産コシヒカリを使った干瓢巻きの上にサーモンの刺身、紅ズワイガニのほぐし身、イクラが贅沢に盛られた駅弁。

●山形県 奥羽本線 米沢駅
『米沢牛 炭火焼肉弁当 極』松川弁当店 1500円

 炭火で焼いた香りと米沢牛の甘味のある脂の風味がたまらない新作駅弁。厚めの肉と薄めの肉の異なる食感も楽しい。

●兵庫県 山陽本線 姫路駅
『福盛 いくらがけ穴子めし』まねき食品 1480円

 創業130余年の老舗調製元が手がける新作駅弁。表面を炙った穴子の香ばしさとイクラ醤油漬の旨味を満喫できる。

●長崎県 長崎本線 長崎駅
『ながさき鯨カツ弁当』鯨専門店くらさき 1080円

 4代続く鯨専門店の名物駅弁。柔らかな鯨カツの下には鯨のそぼろが広がり、香ばしい鯨の竜田揚げが脇を固める。

●福井県 北陸本線 浜駅
『御食国若狭 海鮮鯖づけ丼』若廣 1500円

 ヅケにした国産寒サバの上に越前ガニ、ウニ、イクラ、サーモン、イカが鎮座する新作駅弁が大会特製どんぶりに。各日150食販売予定。

●東海道新幹線 東京駅
『東海道新幹線 富士山弁當』JR東海パッセンジャーズ 1180円

 東海道新幹線の新型車両「N700S」と富士山の“コラボ駅弁”。アサリ煮付や釜揚げシラスなど沿線の名物がぎっしり。

●北陸新幹線 富山駅
『富山の春色 蛍いかの釜飯』ますのすし本舗 源 1200円

 富山・石川両県で春限定販売の商品を今大会用にリニューアル。海鮮出汁で炊いたご飯の上に、ホタルイカ、マスヒレ旨煮、ワラビ、コゴミなど山海の幸が並ぶ。

●北海道 函館本線 小樽駅
『海の輝き』小樽駅構内立売商会 1580円

“海のお花畑”をイメージして、イクラの醤油漬、蒸しウニ、椎茸煮、炒り卵、シシャモの卵がご飯一面に。口の中で渾然一体となる風味がたまらない。

●佐賀県 佐世保線 武雄温泉駅
『佐賀牛サーロインとランプステーキ&すき焼き弁当』カイロ堂 1998円

 佐賀牛の異なる3種類の部位の味わいを楽しめる新作駅弁。ジューシーな霜降りのサーロインと赤身肉(ランプ)の2種類のステーキ、柔らかく煮込んだバラ肉のすき焼きのそれぞれの旨味と食感を堪能できる。

撮影/藤岡雅樹

※週刊ポスト2021年1月29日号