コロナ禍が落ち着くまではと、外出の予定を先延ばししている人もいることだろう。しかし、すっかり油断して出来上がった「巣ごもりボディー」に焦りを感じている人もまた、少なくないはずだ。特に、結婚式や同窓会など特別な予定がある人は、「せめてその日だけでもやせたい」と願っているかもしれない。

 そんな都合のいいダイエットが──実はある。短期間で肉体改造をするボクサーから、極意を学べばいいのだ。

 ボクサーといえば、アスリートの中でもひときわ過酷な減量を行うイメージがある。彼らは、なぜ体重を落とす必要があるのか。プロボクサーの資格を持つ産婦人科医の高橋怜奈さんが解説する。

「ボクシングは体重によって細かく階級が分かれている競技です。体格が大きいほど試合で有利になるため、選手たちは通常の体重より軽めの階級で契約し、試合前日の計量日までに、その階級の体重まで減量します。そして、翌日の試合までに本来の体重に一気に近づけて試合に臨むのです」

 高橋さんも、試合前は2か月で10kg近く減量したこともあるという。プロキックボクサーの大滝裕太さんも、試合の6週間前から本格的な減量を始める。これまで1か月で13kgほど落としたことがあると話す。

「ぼくはフェザー級なので、普段の70kgから計量日は57〜58kgまで減量し、試合時は65kgくらいまで戻します。選手にとっては、体重をコントロールする作業もプロの技術の1つなのです」

「水抜き」は1日限定で

 短期間に一気に体重を落とすために、具体的にどのような減量を行うのだろうか。

「試合の予定がないときは好きなものを食べているので、最初の1週間はお菓子や揚げ物などをやめるだけでも、3〜4kgは体重を落とせます。そこからは食べるものを厳選し、ご飯などの炭水化物も減らし、高たんぱく、低脂質、低糖質メニューに切り替えます」(大滝さん・以下同)

 食事制限と並行して、試合が近づくとともにトレーニングの強度も上がるので、4週間でさらに4〜5kg落ちるという。計量3日前になると、ラストスパートで「水抜き」をして残りの4kgを落とす。

「約1週間前から水を1日6リットルほど飲み、水抜きの準備を始めます。そして3日前になったら塩分の摂取をカットして水もほぼ飲まない。汗をかいて体内の水分を出すために、サウナスーツを着て縄跳びなどをします。縄跳びは有酸素運動ではありますが、体に負荷をあまりかけることなく汗を流せるので、おすすめです」

 大量の水を飲むのに「水抜き」できるのはなぜか。そしてなぜ、その方法で一気に体重が落ちるのか。高橋さんが解説する。

「事前に大量に水分を摂取するのは『ウオーターローディング』といって、体に充分な水分が満ちている状態を作ることで、通常よりも水分を排出しやすくしています。単純に水分の摂取を控えるだけではアルドステロンなどの抗利尿ホルモンが分泌され、体が水分の排出を抑えてしまう。大量に水を飲んでおくことで、抗利尿ホルモンが低下し、水分排出能力が高まるのです」

 塩分だけでなく糖質にも水を体内に留める作用があるため、水抜き中は塩辛いもの、甘いものはご法度。計量の目標体重まで余裕がない場合、塩分、糖質は口にしない。

「血液の浸透圧を一定に保つために、塩分には血液中の水分量を増やす働きがあります。塩分を控えることで水分の貯留が減るので、自然と体から水分が抜けていきます。糖質も1gあたり4gほど水を抱え込みます。塩辛いものや甘いものを食べるとむくむのはそのためです」(高橋さん)

 思わずマネをしたくなるが、実はこのとき、体は「脱水状態」になっていることがほとんど。素人がまねると命に危険が及びかねない。

「プロの選手でもしゃべれなくなるほどフラフラになり、付き添いがいないとひとりで歩くことも難しい状態です。なかには、救急車で運ばれたり、計量はクリアしたのにドクターストップで試合に出られない選手もいます」(大滝さん)

 もし、ボクサーでない私たちがダイエットに水抜きを取り入れるなら、“勝負の日の前日だけ”にすることだと高橋さんは言う。

「前日は完全に水を抜くのではなく、1リットルは飲むこと。塩分と糖質を控え、サウナスーツを着てウオーキングすれば、むくみが取れて輪郭がすっきりします。ただし、肌や唇がガサガサに乾燥する可能性もあります。決して『ベストコンディション』になるとは限らないことは知っておいて」

 のどが渇いたと感じないよう、少量ずつこまめに水分補給することが大切だ。

 壮絶な減量を成功に導けるか否かは、「筋肉」にかかっている。大滝さんが言う。

「筋肉は水分を含んでいるので、筋肉量が多い選手ほど水抜きも効果が出やすい。脂肪があると水分をため込んで抜けにくくなるので、体脂肪率は低く、筋肉量は高めにキープしなければいけません」

 筋肉の維持には、「高たんぱく、低脂質」の食事が基本。減量中のボクサーの食事は、鶏胸肉、ささみ、まぐろ、卵など、質のいいたんぱく質が中心となる。

「牛肉は脂が多いので基本的に食べません。計量まで10日を切ったら、夜は炭水化物を一切食べず、野菜とたんぱく質のみにすることもあります」(大滝さん)

 糖質制限ダイエットのブームにより、一般的にも炭水化物を食べない人は増えた。しかし、アスリートほど筋肉量のない普通の人が極端に糖質を減らすと、逆効果になる可能性がある。

「ある程度、糖質を摂らなければ筋肉がつかず、メリハリのある美しいボディーになりません。
 また、筋肉量が減ると代謝が落ちて、かえって太りやすい体質になってしまうのです」(高橋さん)

 高橋さんは、ご飯をオートミールに変えて、減量中も毎日食べるという。血糖値の上昇がゆるやかなため脂肪になりにくく、食物繊維が豊富なので、お通じにもいい。

【プロフィール】
大滝裕太/プロキックボクサー。K-1出場、恋愛バラエティー番組『あいのり』(フジテレビ系)出演、どら焼き職人など、多彩な顔を持つ。東京・中野でキックボクシングのレッスンも主宰している。

※女性セブン2021年3月11日号