新型コロナウイルスの1日あたりの新規感染者数は一時期より減ったとはいえ、誰がいつ感染してもおかしくない状況がいまだ続いている。いまなお、手洗いや消毒、マスク装着など、感染予防対策が必要なのは言うまでもない。

 しかし、きちんと予防していたにもかかわらず、発熱や倦怠感、嗅覚障害などのコロナ感染が疑われるような症状が出た場合、まずはどうしたらいいのか。昭和大学医学部内科学講座臨床感染症学部門客員教授の二木芳人さんは、こうアドバイスする。

「すぐに病院へ行くのではなく、まずはかかりつけ医に電話をし、相談してください。かかりつけ医がいない場合は、市区町村の担当部署へ。電話を受けた医師や担当者が感染の疑いがあると判断したら、適切な医療施設を紹介してくれます。あらかじめこういったやり取りがあると、来院後、優先して検査が受けられます」(二木さん・以下同)

 いきなり病院に行くと、万が一感染していた場合、院内感染を発生させる恐れがある。緊急の場合を除いて、事前連絡なく医療機関を受診するのは絶対に避けてほしいと、二木さんは忠告する。

 検査体制が不充分だった頃は、体温が37.5℃以上あるかなど、検査対象となる症状に細かい基準があった。しかしいまは、患者の話や様子から医師が必要だと診断すれば、各種検査が受けられるようになっている。この場合、検査費用は保険適用になるが、自己負担分も公費の適用になるので、検査料はかからない。ちなみに、検査を受けた人が陽性となった場合、同居する家族は濃厚接触者となり、症状に関係なく、自己負担なしで検査を受けられる。

 検査は、かかりつけ病院に検査体制が整っているならその場で受けられ、そうでない場合は指定の検査機関などで受けることになる。

検査は3種類 精度の高さではPCR

 新型コロナウイルス感染症を調べる検査にはPCR検査、抗原検査、抗体検査があるが、どの検査を受けたらいいのだろうか。

「病院なら、最も精度の高いPCR検査を行うことが多いです。どの検査を受けるかは医師が判断してくれます」

 PCR検査はウイルスの遺伝子を調べるもので、専門の機器にかけるので、結果判定を出すのに数時間〜1日程度かかる。検体は鼻咽頭や鼻腔から綿棒で採取したぬぐい液のほか、唾液でも可能だ。

 唾液はある程度の量を出す必要があるため、検体の採取に時間がかかる場合もある。特に高齢者の場合、口腔内が乾いている人が多いので、大量の唾液を出すのは意外と大変なのだという。

「鼻咽頭ぬぐい液なら、専門家が行えばすぐに採取できるので、病院で検査を受けるときは鼻咽頭から検体を採ることが多いはずです」

 最近では、主に唾液を検体としたPCR検査を受けられる予約制の検査施設もあるが、症状がすでに出ている人は基本的に受け入れてもらえないので注意しよう。

「民間の検査施設は医師が常駐していないので、価格は手頃です。症状がない人が陰性を確認するために利用するものといえます。万が一、陽性だったときは、医療機関などを紹介してくれるはずなので、必ず連絡して指示を仰いでください」

すぐに結果が知りたいなら抗原検査

「抗原検査はウイルスのたんぱく質を調べる検査で、PCR検査のような専門の機器が必要ありません。30分以内に検査結果がわかるので、急いで結果を知りたい場合は有用ですが、PCR検査に比べると、やや精度が劣ります。

 抗体検査は、ウイルスに感染した場合にできる血液の中の抗体の有無を調べるもの。過去に感染したかどうかしかわからないので、いまの感染の状況は判定できません」

 3つの検査とも、自宅などでも調べられる検査キットが市販されている。PCR検査と抗原検査は、かんだ鼻水や唾液を検体とし、抗体検査は血液を自分で採取して検体とする。抗原検査と抗体検査はキットを使えば、その場で結果がわかるが、PCR検査のキットでは、採取した検体を検査機関に郵送し、後日、結果をメールなどで知らせてもらうものが多い。

「検査キットは、病院などで受ける検査に比べると精度が劣ります。無症状ならまだしも、症状がある場合は、病院で検査を受けましょう」

 無症状の人も病院で検査を受けられるが、この場合、保険が適用されないので、検査費用が全額自己負担になる。

 いずれの検査も100%正しいとはいえないので、たとえ陰性だったとしても安心せず、これまでの予防対策を続けることが大切だ。

【プロフィール】
二木芳人さん/2006年から昭和大学医学部臨床感染症学講座の教授などを務め、2020年より現職。日本感染症学会、日本呼吸器学会、日本化学療法学会などの要職を歴任。

※女性セブン2021年3月18日号