「ラベルが上」で大論争の瓶ビールの注ぎ方 実践ガイド

「ラベルが上」で大論争の瓶ビールの注ぎ方 実践ガイド

 ビールを目上の人に注ぐときはラベルを上にするべきか。ネットでそんな「大人のマナー」が話題になった。この問題にまさに大人力コラムニストの石原壮一郎氏がケリをつける。

 * * *
 瓶ビールは、何かと物議を醸します。最近も「ラベルを上にして注ぐかどうか」という問題が、ネット界隈で盛り上がりました。きっかけは、ビジネスマンらしき人による2チャンネルへの書き込み。会社の新年会でビールを注ぎに来たゆとり世代の新入社員が、ラベルを下にしていたので「逆だろ」と指摘したら、相手が「?」となったそうで、「ゆとりやばすぎ」と嘆いています。

 本人は「ラベルを上にして注ぐという常識を知らないなんて」という意図で書いたようですが、共感する声を上回る勢いで、「めんどくさいな」「ラベルの向きとかクソどうでもいい小さい事に拘る>>1さんしょっぱい仕事しか出来なさそう」「ラベルの向きでスレ立てる上司とか引くわー」といった非難の声が集まりました。

 マナーというのは、けっして強制ではありません。たしかに、ラベルをどっちに向けようがビールの味は同じですが、上にして注ぐぐらいのことで相手に敬意を示すことができたり「ちゃんとしたヤツ」と思ってもらえたりするなら、ちょろいもんです。そんなどうでもいいことで「ダメなヤツ」の烙印を押されかねないリスクを考えると、いちおうやっておいたほうが無難だし得策だと考えるのが、大人の計算高さと言えるでしょう。

 まあ、中年世代にとっては、注ぐときにラベルを云々というのは今さらの話。何かとややこしい瓶ビール問題に関して、じっくり考えておきたいのは、部下や後輩に注がれたときの対応です。ラベルを下にして注いで来たら、ちゃんとラベルが上になっていたら、瓶を片手で持って注ごうとして来たら……。ひと味違う大人の対応で相手を感心させ、あわよくば(ビールだけに)尊敬の念や憧れの気持ちを抱いてもらいましょう。

 まずは、ラベルを下にして注いで来たらどうするか。相手はそういうマナーがあることを知らないんですから、上のケースのようにいきなり「逆だろ」と指摘しても、そりゃキョトンとされるだけ。注意はいったん横において、最初は「おっ、気が利くね。ありがとう」とわざわざ注ぎに来てくれたことへの感謝を述べます。

 その上で「これから接待や社外の相手と飲む機会もあるだろうから」と前置きして、「ビールはラベルを上に注いだほうがいいんだよ」と穏やかに教えてあげましょう。さらに返す刀で「よくわかんないけど、名刺を逆向きに出す人はいないじゃない。そんなような話なんじゃないの」と、謙虚な姿勢を保ちつつ理由をわかりやすく説明してあげれば、相手は「なるほど」と素直に納得してくれるはずです。

 そこで「ありがとうございます。勉強になりました」とお礼を言って来たら、「おお、偉いねえー。そんなふうに言ってもらうと嬉しいなあ」とホメつつ喜びましょう。相手も自分もいい気持ちになれて、一気に距離が縮まりそうです。

「そうなんですか」と不服そうな顔をしていたら、「ま、いちおうそういうこともあるってことだよ」と適当にお茶を濁しましょう。もちろん、心の中で「ダメだこいつ」と見切りをつけてもかまいません。

 ちゃんとラベルを上にして注いでくれたときは、「おお、わかってるね!」と大げさに感激してあげたいところ。「どこで覚えたの?」と尋ねればそこから話が広がるし、「ちょっとしたことなんだけど、できるとできないとでは大違いなんだよね」「前から見どころがあると思っていたけど、やっぱりね」と高く評価すれば、舞い上がってこちらに対する評価もグンと上がりそうです。

「ビールを注ぐときは瓶を両手で持つのがマナー」ということも、知らない若者は少なくありません。ラベルの向きと同じように、できていないときはやさしく諭し、ちゃんとできていたらホメてあげましょう。注ぎ返したときに、グラスに両手を添えているかどうかも同様です。ただ、あまり細かく言いすぎると「うるさい上司(先輩)」と思われかねません。くだけた雰囲気のときはあえてスルーするのも、大人の状況判断力です。

 どうしていいのか迷うのが、自分よりさらに目上の人が、若者をつかまえて「ラベルは上にして注ぐのが常識だろ!」と説教を垂れているとき。

 つい目上の人のご機嫌を取ろうとして、「いやあ、近ごろの若者は困ったもんですなあ」などと加勢しがちですが、それは絶対に禁物です。若者は注意されてただでさえ不愉快なのに、露骨なゴマすりプレイを見せられて、こっちに対して軽蔑や嫌悪の感情を抱くでしょう。

 そういうときは、目上の人ではなく若者に向けて、「ひとつ賢くなれてよかったな」と言ってあげるのがオススメ。若者は「自分に寄り添ってくれた」と思うし、目上の人も注意した行為を肯定されたみたいで、悪い気はしないはずです。若者が自分の直属の部下や後輩だったら、目上の人に「いやあ、教育が行き届かなくてすいません」と謝ってしまう手もあります。どちらも「自分の側についてくれた」と感じてくれるでしょう。

 こんなふうにあれこれ考えても、その意図がどこまで相手に伝わるかはわかりません。ただ、マナーと同じで、少なくとも自分に酔うことはできます。会社がらみの飲み会は、何かと厄介で面倒なもの。ビールと大人な振る舞いの両方に酔って、少しでもいい気分でお過ごしください。

関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンドのニュースランキング

ランキングの続きを見る

トレンドの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索