熱中症対策 スポーツドリンクは水で希釈、緑茶は適さない

熱中症対策 スポーツドリンクは水で希釈、緑茶は適さない

 すでに全国各地で35℃を超える猛暑日が観測されているが、最も気になるのは熱中症のリスクだ。総務省消防庁の発表では、6月だけでも全国で3481人が救急搬送されている。特に高齢者には危険が伴う。2015年の熱中症による死亡者968人のうち、8割超の781人が65歳以上である。

 高齢者で危険性が高まるのは、熱中症だけではない。冬に多いと思われがちな脳卒中だが、脳梗塞に限ればむしろ夏のほうが多い。国立循環器病研究センターによると、2008〜2011年の脳梗塞患者2055人の発症時期は、夏(6〜8月)が529人で、冬(12〜2月)の521人を上回り最多だった。

『長生きするのはどっち?』(あさ出版刊)の著者で、秋津医院院長の秋津壽男医師が語る。

「夏は脱水による体内の水分不足で血液がドロドロになって、血管が詰まりやすくなる。特に高齢者は加齢とともに血管の弾力性が失われており、狭い部分があると、そこが詰まりやすくなるのです」

 めまいや吐き気、頭痛、しびれ、ふらつきなどの症状が現われた時には、すでに熱中症や脳梗塞を発症している可能性が高い。そうなる前に、脱水症状になりかけているかどうかをチェックする大きな基準が「尿の色」だ。

『いまさら聞けない健康の常識・非常識』(主婦の友社刊)の著者で、池谷医院院長の池谷敏郎医師がいう。

「体内の水分量が足りていれば、尿は薄い色になります。しかし、不足していれば尿の色が黄色や黄褐色と濃くなっていく。体内の脱水を補うために、腎臓からの水分の排泄が制限されるため、尿が濃くなるのです。尿の色には年間を通して気を配るべきですが、特に夏場はこまめに確認してほしい」

 脱水症状・熱中症対策としては「スポーツドリンク」が適しているとされているが、こちらも過度の摂取は禁物である。管理栄養士の望月理恵子氏が続ける。

「スポーツドリンクには塩分に加え、糖分も含まれています。飲み過ぎれば、ペットボトル症候群と呼ばれる急性糖尿病になりかねません。スポーツドリンクを飲むなら水で半分ぐらいに希釈すべきです。

 最近一般的に知られるようになった『経口補水液』は、スポーツドリンクより塩分濃度が濃く、糖分が少ない。熱中症の対症療法として開発されたものなので、予防のために飲むより、暑い屋外などで作業する時などに携帯しておくのがよいでしょう。

 緑茶はビタミンCが豊富で夏バテ予防に良いものの、含まれているカフェインに利尿作用があるので、熱中症対策には適さない」

※週刊ポスト2017年8月11日号

関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンドのニュースランキング

ランキングの続きを見る

トレンドの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索