歩いて日常生活送れる高齢者 焦って人工関節にする必要なし

歩いて日常生活送れる高齢者 焦って人工関節にする必要なし

 病の原因を直接取り除く「手術」は医療における最も基本的な治療方法であり、その「効果」は立証されている。

 がん治療でも、放射線治療の進歩、抗がん剤の開発が進んでいるとはいえ、「切れる」のであれば、外科手術は依然、医師にとって第一の選択肢といえる。しかし、高齢者の場合、がんの発症部位によって効果の高い手術、低い手術があることがわかってきている。前立腺がん・咽頭がんでは、手術の有無による5年生存率の差がほとんど見られない。そして、がん以外にも高齢者が慎重に検討すべき手術がある。

◆脊柱管狭窄症、頸椎症

 高齢者に非常に多い病気だが、医師の腕や手術方法によって予後は大きく変わってくる。医療ジャーナリストの油井香代子氏が解説する。

「筋肉まで剥がす頚椎後方手術は高齢者には負担が大きく、たとえば“手のしびれは治ったが肩や首に痛みが出た”など術後に別の症状が出る可能性がある。同じ手術でもできるだけ低侵襲の治療法を検討したいところです。たとえば頸椎症では『選択的椎弓形成術』という手術がある。首の後方の筋肉の損傷を最小限にでき、早期退院が可能なので高齢者向きです」

◆変形性膝関節症、変形性股関節症、関節リウマチ(人工関節)

「何とか歩けて日常生活が送れる高齢者は、焦って人工関節にする必要はないでしょう。一度、人工関節にしてしまうと摩耗していく一方で、違和感や痛みが出てもそれを一生抱えていくことになる。また静脈血栓閉塞症になるリスクが高まり、抗血栓薬を飲み続けることになりかねない。手術を受けるかは慎重に考えるべきでしょう」(同前)

 手術をするかの決断は成功率だけでなく「術後のライフスタイル」まで想像するのが必須のようだ。

※週刊ポスト2017年8月18・25日号

関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索