低炭水化物+高動物性蛋白・脂質 糖尿病の発症リスク高い

低炭水化物+高動物性蛋白・脂質 糖尿病の発症リスク高い

 糖質摂取量と糖尿病患者の関係について、衝撃のデータが存在する。2002年に1日平均で271.2グラムだった炭水化物(糖質+食物繊維)の摂取量は、2014年に255.8グラムまで減少した。その一方で糖尿病患者は同時期に228万人から317万人まで増加したというのだ。

 糖尿病対策として重要なのが「血糖値を低くコントロールすること」だ。「糖質制限」によって血糖値を上げる原因となる糖質を減らす。これが近年、主流となっている糖尿病への対策であり、そのための食事法も関心を集めている。

 だが、先に挙げたデータは、糖質制限が糖尿病の対策にならない可能性を示唆している。それどころか糖質制限が糖尿病の原因となっている可能性があるというのだ。

 糖尿病の原因を糖質制限そのものではなく、それに伴う食生活の変化にあると見る研究もある。2010年に米ハーバード大学公衆衛生大学院のコニング教授らが発表した研究では、4万人以上の一般男性を20年以上にわたって追跡調査し、対象者の「食生活」と「糖尿病発症リスク」の関係を調べた。

 その結果、低炭水化物とともに「動物性たんぱく質」と「動物性脂質」を多く摂取した群では糖尿病の発生リスクが最も高かった。大量の赤身肉や加工肉を含む食事では、特にその傾向が顕著だったという。

 一方で、糖質制限とともに植物性たんぱく質と植物性脂質を多く摂取した群は、糖尿病発症リスクがあまり増加しなかった。

「糖質制限を行なうと、必ず『脂質』か『たんぱく質』のどちらかの摂取量を増やさなければなりません。これは、炭水化物の代わりに肉などを多く摂ることが糖尿病につながったという研究結果です」(北品川藤クリニック院長で内科医の石原藤樹氏)

 2012年にはハーバード大が糖質とたんぱく質の摂取に関して別の発表を行なっている。約4万3000人を対象に食事と糖尿病発症の関係性について調べたところ、「糖質の摂取減」と「たんぱく質の摂取増」が同時に起きると、心筋梗塞や脳卒中といった血管の障害が増加することが判明した。

「膵臓の血管に負担がかかれば、インスリンの分泌に支障をきたすといった可能性は十分に考えられる。しかし、たんぱく質や脂質の摂り過ぎがどのように血糖値上昇や糖尿病発症に関係してくるか、そのメカニズムはまだ詳しくはわかっていないのが現状です」(前出・石原氏)

※週刊ポスト2017年9月22日号

関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンドのニュースランキング

ランキングの続きを見る

トレンドの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索