妻に先立たれた大学教授「甘やかされていた」と気づく

妻に先立たれた大学教授「甘やかされていた」と気づく

「妻が先に死ぬなんてまったく考えていなかった。公正証書で遺言を作成するなど“自分が死んだ後”の準備はしていましたが、逆はまったく想定していませんでした」

 そう語るのは、『70歳、はじめての男独り暮らし』(幻冬舎刊)の著者で、山口大学医学部眼科学教室教授、同大理事・副学長を歴任した西田輝夫氏(70)だ。同著では、西田氏自身が2年前に妻にがんで先立たれた体験を綴っている。

「妻が元気だった頃は、どんなに遅く帰宅しても食事が用意されていて、私は掃除や洗濯どころか、自分の書斎の整理さえしたことがなかった。毎日の服装もすべて妻が用意してくれていたので、いなくなった後は学会の出張の準備さえも一苦労でした。それだけじゃない。ATMの使い方や、役所の手続きに必要なハンコの場所すらも分からない。妻が亡くなって、私はすごく甘やかされていたのだと気づきました」

 このように妻が“母”のような役割を担っているのは、団塊より上の世代では、決して珍しいケースではない。

 妻を失った男性にまず大きくのしかかってくるのが家事だ。男の独り暮らしとなれば、カップ麺やコンビニ弁当など、手のかからない簡素な食事で済ませてしまいがちだ。しかし、そこには落とし穴がある。

「これは身体に悪いからダメ、野菜を取らなきゃダメと口うるさい妻がいなくなったので、つい好きなものばかり食べていたら、またたくまに10キロ太ってしまって、血圧も急上昇して、正常値を大きく超えてしまった」(70歳男性)

「独りで寝るのが寂しくて、ついつい深酒をするようになった。もともと強いほうではなかったのですが、どんどん酒の量が多くなって……。そのうち酒が切れてくるとイライラしたり、悪寒が出るようになってしまった。病院に行くと“初期のアルコール依存症”と診断され、今では定期的に通院している」(73歳男性)

 妻を失うことは、深刻な病にもつながりかねないのだ。

「妻との死別」は、コミュニケーションの機会も奪っていく。第一生命研究所のレポート(2017年)によれば、「配偶者と死別して外出する時間が減った」と答えた男性は、39.6%にのぼり、「一日中誰とも話さないことが増えた」という男性は、70.8%にのぼる。

 会社時代の付き合いもなくなった、子供もとっくに独立して別居、近所付き合いもずっと妻に任せきりで、近くに親しい知り合いもいない……。そんな男性は、より孤独を深めていくことになってしまうのだ。

※週刊ポスト2017年12月1日号

関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索