東条英機が巣鴨拘置所で最後に食べた和洋折衷メニュー

東条英機が巣鴨拘置所で最後に食べた和洋折衷メニュー

 明日、世界が滅びるなら何を食べるか──。死と隣り合わせに生きた歴史上の人物も、この自問自答に向き合っていた。

■山本五十六が箸をつけなかった「鯛」
 連合艦隊司令長官・山本五十六と家族の食卓に小さな尾頭付きの鯛が乗った。普段であれば山本が子供のために魚をむしって取り分けるところ、この日は最後まで手を付けなかった──長男・義正の著書にはそんな描写がある。これが山本が家族と囲んだ最後の夕餉(ゆうげ)となった。

 日米開戦に反対したとされる山本。この夕食の5日後、日本の機動部隊がハワイの真珠湾を奇襲している。懸念が頭に去来し、縁起物の鯛に箸をつけられなかったのだろうか。

 真珠湾の約1年4か月後、山本の搭乗機が撃墜される前夜の食事の記録は残っていない。

■東条英機が笑って食した“くさい飯”
 東京裁判で絞首刑の判決を受けた元首相・東条英機は、その最期を巣鴨拘置所で迎えている。

 教誨師(きょうかいし)・花山信勝(しんしょう)の残した証言によると、処刑前日の夕食は米飯、みそ汁、焼き魚、肉、コーヒー、パン、ジャムといった“和洋折衷”のメニューで、東条は“一杯やりたい”などと笑っていたという。花山の影響もあって浄土真宗に深く帰依し、戦時下とはだいぶ心境が違っていたようだ。

■自決前夜の三島由紀夫が行った店
 憲法改正を叫び、自衛隊市ヶ谷駐屯地で割腹自決した三島由紀夫。その前夜、共に市ヶ谷に赴いた民兵組織「楯の会」隊員と新橋の鳥鍋料理の老舗「末げん」で最後の宴を囲んでいる。

「召し上がったのは看板メニューの鳥鍋です。鶏肉と豆腐、こんにゃく、しいたけをスープで炊き、しょうゆやポン酢に大根おろしを合わせて食べていただいたと聞いています」(現在の店主・丸哲夫氏)

 当時の女将が「またいらしてください」と見送ると、三島は「あの世からでも来るかな」と答えたという。

※週刊ポスト2017年12月1日号

関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索