港区女子のタクシー代事情 もらうよりあざとい「返す女」

港区女子のタクシー代事情 もらうよりあざとい「返す女」

 実業家や業界人といったハイスペック男性をつかまえるべく、夜な夜なキラキラした飲み会を開く「港区女子」。現役の「港区女子」で、「月間100人」の合コン経験を通じて多くの男性を見てきたコラムニストの吉川リサコ氏が、そこで繰り広げられる男と女の「タクシー代」をめぐる駆け引きをリポートする。

 * * *
「港区女子」の中には、男性たちとの飲み会の後にもらえるタクシー代を生活費にまわしている子が結構いる。その手法は、帰る場所を「千葉」だの「横浜」だのと偽って2万〜3万円をもらい、ワンメーターで降りて残りをお小遣いにするというものだ。

「ワタシ今日、実家に帰らなきゃで、横須賀なんですぅ」

 これを聞いて、あざとい女、がめつい女だと感じる人も多いだろう。だが、そんなあなたはまだまだピュアである。タクシー代で3万円もらうのは確かに効率は良いが、本当にあざとい女は、タクシー代をもらって帰り、後日“お釣り”を封筒に入れて返すのだ。全額封筒に入れて返す女もいる。

「この前はありがとうございました〜! これ、タクシー代のお釣りです」

 この一言を添えて渡すだけで、普段お金をバラ撒くばかりの男たちには、「この子はキチッとしてる」と印象づけられる。さらには「この前ご馳走になったから、これお礼です」なんて小さい手土産(お菓子など消えるもの)なんて渡したら、好感度は上がる一方である。それが港区女子にとってはさらなるリターンにつながる。

 ずっと独身を貫いてきて、2016年12月に結婚したことを発表した芸人の有田哲平氏もテレビで言っていた。今の奥さんと結婚を意識した瞬間は、「飲み会でタクシー代を配るじゃない? みんなありがとうございます〜って1万円もらって乗って、角曲がって降りたりしてるわけ。けど奥さんは違ったの、私の意思で飲みに来ていて私の意思で楽しんでるから、タクシー代とかやめてくださいて言ったの。それ聞いて感動して」と。

 もちろん、タクシー代を返す以前に、彼らの好みであること、人間としてのマナーがあること、愛嬌があることなどが大前提であるが、2万〜3万円を受け取ってone of themになるか、それを返してonly oneになるか。

 どちらが賢くあざといだろうか? 男は意外と使った額を覚えているケチな生き物であるし、馬鹿ではない。花咲か爺さんのようにお金を配る男は稀である。お金を渡した相手がどんな子かと、いつもチェックされていると思って動くべきなのだ。


関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索