「孤独本」が大ブーム 下重暁子氏「孤独と寂しさは別物」

「孤独本」が大ブーム 下重暁子氏「孤独と寂しさは別物」

「孤独本」が空前のブームだ。昨年7月に発売した五木寛之氏の『孤独のすすめ』は30万部を突破、下重暁子氏が今年3月に上梓した『極上の孤独』は27万部と刷りを重ねている。

 そうした両書の読者層は60代以上が中心。妻や家族に囲まれた一見“孤独とは縁遠く見える人”、あるいは“今後の生活で孤独を恐れている人”たちである。『極上の孤独』の著者・下重暁子氏はいう。

「孤独を肯定する本が受け入れられているのは、それだけ孤独と向き合う必要性を感じている人が多いからだと思います。日本人には“孤独嫌い”が多く、孤立、孤食、孤独死と、孤独にはあまり良くないイメージがつきまといます。しかし人間とは、たくさんの人に囲まれてさえいれば幸せなのでしょうか。多くの友達と交際している社交的な人が精神的に満たされているとは限らないでしょう。

 人は皆、本質的には“ひとり”なのだと思うのです。特に定年になって会社や組織を離れればひとりで過ごす時間は必然的に増え、高齢になるほど妻や家族、友人たちとの別れにも直面します。その中で“孤独とどう付き合っていくか”と考え始める人が多いのではないでしょうか」

 下重氏が語るように「老い」と「孤独」は切り離せない。しかし、現実には「孤独でいること」に対する世間の風当たりは強い。

 様々なメディアで「子や孫に恵まれ、頻繁に連絡を取り合う仲良し家族」や「友人たちに囲まれて趣味を楽しむ充実した老後」の素晴らしさが喧伝される一方、そうでない人は「かわいそう」という目で見られたり、「変わり者」扱いされることも多い。

 そうした風潮に憤るのはコラムニストの小田嶋隆氏だ。

「“みんなで仲良く”が幸せだという同調圧力にはうんざりしています。この傾向は、テレビや雑誌で『無縁社会』という言葉が流行り始めた2010年頃から顕著になりました。独居老人や、近隣のコミュニティと疎遠な人をすべて“寂しい人”“悲しい人”と決めつける風潮が目立ち始めた。

 ひとり暮らしでも日々の生活に喜びを見出し、幸せに生きている高齢者は多いはずです。それなのにメディアは“孤独は人としてのコミュニケーション能力が低い証拠”といわんばかり。寂しさを紛らわせるために無理をして人との関わりを持つことのほうが、よっぽど惨めなのではないでしょうか」

 孤独本ブームは、そうしたステレオタイプな「幸せな老後」イメージへの反発から生まれたものなのかもしれない。前出・下重氏がいう。

「会社時代の同僚や昔からの友人との間にしか“生きる世界”がないというのは、あまりにも寂しい。歳をとってからは人間関係に一喜一憂するより、自分の内面に向き合う時間をつくるべきです。

『孤独』と『寂しさ』はまったく別物。孤独を愉しむことを知っている人は、ひとりでいられる時間に喜びを感じ、人生をより愉快に過ごせると思うのです」

※週刊ポスト2018年6月1日号

関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索