本日1月16日(木)より放送が始まる、桐谷健太と東出昌大がW主演を務める木曜ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』。

ドラマ放送スタート直前の1月14日(火)には、TOHOシネマズ六本木ヒルズに約100人の観客を招き、第1話の完成披露試写会とトークイベントが開催され、会場には本作でW主演を務める桐谷健太&東出昌大や共演陣の比嘉愛未、磯村勇斗、今田美桜、柳葉敏郎、風間杜夫が登場。さらに、脚本の福田靖氏も登壇し、ドラマさながらの息のあった掛け合いで爆笑トークを展開。

そんな完成披露試写会とトークイベントの様子を、イラストレーター・渡辺裕子さんがリポートしてくれました。

1月16日(木)夜9時から始まるドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』の完成披露試写会と、その後のトークイベントに行ってきました。楽しかったです。

元体育教師、やたらと声が大きく、走り出したら止まらない、36歳の新人刑事。この変わった経歴の持ち主、仲井戸豪太を演じるのが桐谷健太さん。念願の刑事になれた喜びで、配属された初日から張り切るのですが、その張り切り具合がもう……うっとうしい(褒め言葉)! すばらしいうっとうしさです! 桐谷健太さんの魅力炸裂。

彼と一緒に仕事することになった、若いけれど先輩にあたる刑事、目黒(磯村勇斗)が、そのうっとうしさを表現するためにあることをするんですけど、これもドラマで見てください。磯村勇斗さん、うまい!

ぴしっと三つ揃いのスーツ、きっちりと撫で付けられた、乱れのない髪。東大法学部出の超エリート。でも、プライドの高さと裏腹に、なんだか言ってることはちっちゃいし、片思いの部下には告白もできないし、食事中の会話もなんだかズレてる。まじめにがんばればがんばるほどズレていくのがおかしい検事・真島修平を演じるのは東出昌大さん。ずっとポルトガルの話をしているんですけど、どうしてポルトガルなんでしょう。その謎はいつか語られるのか、それとも謎のままなのか。とにかく、彼の動きも話も何もかもおかしいです。東出さんの持つ「おかしみ」みたいなのがそのまま活きてる検事さん。

第1話なので、まずは登場人物の紹介といった感じでしたが、刑事チームも検事チームもみんなほんわかして見えて、それぞれ「何か」を隠し持っていそうな匂いがします。特に仲井戸豪太の妹、みなみさん(比嘉愛未)。一人暮らしにしては広すぎる部屋、そしてそのあちこちに置いてあるあれこれが……これ、きっと後で何かありますよね。

刑事と検事が主人公なので、当然物語に犯罪が絡んでいますが、「悪人を捕まえるぞ!」「有罪にするぞ!」といった断罪ではなくて、ちょっとほろ苦くも温かいお話になっていて、ホッとしました。悪い人がたくさん出てくるようなハードな刑事ドラマが苦手な人でも大丈夫だと思います。すごく「人」を大事にしてるお話だなあって思いました。

正反対の性格すぎる刑事・仲井戸と、検事・真島が、これから本当にバディとしてやっていけるのか。そして、真島の、みなみさんへの恋は叶うのか。第1話を見た限りでは、どちらも全然無理そうに見えるんですけど、どうなっていくんでしょう。ともあれ、毎週木曜の楽しみができました。舞台となった横浜の風景も、美しいですよ。そして、みんなが集まる店「OKAZU-YA」のご飯がおいしそう……!

<取材・文・イラスト/渡辺裕子 編集/テレ朝POST>