1月17日(金)に放送される『ミュージックステーション』に、森七菜が初登場。岩井俊二監督の映画『ラストレター』の主題歌「カエルノウタ」を披露する。

映画『天気の子』のヒロイン・天野陽菜役で注目を浴び、ドラマ『3年A組−今から皆さんは、人質です−』などの作品への出演で話題を呼んできた森。今回『ラストレター』への出演を機に大抜擢を受け、ついにシンガーデビューを果たした。

このたび、Mステ初出演を記念し、『ラストレター』に出演する松たか子、福山雅治、広瀬すず、神木隆之介から応援コメントが到着。当日の放送で公開される。

さらに、森のMステ出演のためだけに岩井監督が編集した映画『ラストレター』の特別映像も! 岩井監督渾身の特別映像をバックに、森が「カエルノウタ」を歌唱する。

今回の楽曲について、「映画『ラストレター』の内容やテーマも曲に大きく反映されていて、小節ごとに登場人物の気持ちが描かれています。映画の最後に流れる曲ですし、岩井監督から大きな使命を受け取ったと思っています」と森。

映画の撮影中に岩井監督も含めたスタッフとカラオケに行ったのが主題歌を歌うきっかけになったそうで、そこで森の歌声を聴いた岩井監督が主題歌アーティストに抜擢したのだという。

「主題歌を歌うと知ったのはスタジオで歌を歌って何度目かのときのことです。いきなりまさかの主題歌で歌手デビューと知って、本当に驚きました」と森は当時を振り返った。