華麗なる家庭で育ち言いたいことを遠慮なく口にしちゃう、石原良純・長嶋一茂・高嶋ちさ子の3人が、いま世間をザワつかせている社会現象について独自トークを繰り広げる番組『ザワつく!金曜日』。

2月14日(金)の同番組には、16日(日)放送のドラマスペシャル『庶務行員・多加賀主水4』で主人公・多加賀主水を演じる高橋克典がゲスト出演する。

©テレビ朝日

世代も近い良純、一茂、ちさ子のザワつくトリオとのぶっちゃけトークで大いに番組を盛り上げる高橋。「1回目からよく見ています」と『ザワつく』ファンを自認する。

一茂やちさ子とは子供たちの年齢が近いため“パパ友”だとか。プライベートでも互いをよく知る間柄だけに、高橋が思わず「ピーとか入れてね(笑)」というほどのギリギリトークを展開。ザワつくトリオや進行役のサバンナ・高橋茂雄を大いにザワつかせる。

◆ブログの言葉が一人歩き?単なるボヤキから恐怖味わう

©テレビ朝日

同番組では、子供のスマホの使い方について街行く親子にインタビュー。スタジオでは、そのVTRを見て親の立場から「子供とスマホ」についてトークした。

そこで「SNSは怖いね」と切り出したのが高橋。自身のブログで「疲れた」とボヤいただけで、その言葉が一人歩き。「いろいろなところで取り上げられて…」と当時のボヤキの真相について語る。