5月7日(木)の『徹子の部屋』には、舌鋒鋭い評論活動で女性の地位向上などに寄与した評論家・樋口恵子が初登場する。

©テレビ朝日

定年夫を「濡れ落葉」と表現し、新語・流行語大賞に選ばれるなど時代の空気をリードする存在でもある樋口。現在88歳の樋口が発信し、世の注目を集めている言葉がある。それは「ヨタヘロ期」。

だれもが憧れる最期の迎え方、「ピンコロ」は夢のまた夢…。「ピンコロ」を阻む「ヨタヘロ期」こそが、人生100年時代を豊かにするカギになるという。

©テレビ朝日

大病やケガなど日常のアクシデントを体験し、「リアルな老い」を実感しているという樋口。そんな感覚から編み出される“樋口語録”はユーモアたっぷりで、同年輩である黒柳の笑いを誘う。