5月8日(金)の『徹子の部屋』には、山下真司が登場する。

©テレビ朝日

モデルとして活躍後、ドラマ『太陽にほえろ!』で役者デビューし、学園ドラマで演じた先生役でお茶の間の人気者になった山下。

68歳になった現在は、クイズ番組への出演がきっかけですっかり「漢字」のとりこに。黒柳にも漢字クイズを出すほど熱を上げている。

テレビを見てくれたおじいさんから「頑張って」と激励が届くたびに、同年代の励みになればと日々「漢字」の勉強を頑張っているのだとか。

©テレビ朝日

そんな山下は結婚して32年。美人と評判の7歳年上の妻から結婚前「私は体が弱いから」と聞いていた。しかし、結婚以来健康そのもの。

また、今の自分は妻なしに生きられなくなっていると告白。「妻が留守でひとりお弁当を食べていてわびしくなった」「今では外食もひとりで行けない」と弱音を連発。この日の放送では、そんな妻から普段の夫についてメッセージが届く。