“激レア”な体験を実際にした「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていく番組『激レアさんを連れてきた。』。

6月27日(土)の放送では、“どうしてもパン屋さんになりたくてプレハブ小屋で開業したわずか2年後、世界最高峰のパンコンテストで日本人初優勝を達成した人”ことオオサワさんが登場する。

◆プレハブ小屋出身の世界一のパン職人

2年に1度、世界各国の一流パン職人がフランスに集い、パンの味や品質、調理の正確性や芸術的センスをかけて競い合う、まさにパン界のオリンピック「モンディアル・デュ・パン」。

そんな世界的なパンコンテストで2019年に優勝をはたしたのが、プレハブ小屋出身の異色のパン職人、オオサワさんだ。

群馬県高崎市で実家がパン屋を営むオオサワさんは、幼い頃からパンに囲まれ、いつしかパンへの愛情が半端ない青年へと成長。見事パン職人となり、自分の店を開こうとしたが、資金面で挫折した末にパンの世界から離れてしまう。

その後、パンとは程遠い職業に就いたものの、どうしてもパンへの思いが断ち切れず、あらためて自分のパン屋をもつことを決意したオオサワさん。

家賃がネックとなり店舗探しに苦労するが、知り合いの喫茶店の駐車場にあるプレハブの物置小屋を格安の値段で借り、ようやくパン屋を開店させる。

とはいえ、プレハブ小屋をパン屋として使うにはさまざまな問題が…。

そんな状況でも、憧れの「モンディアル・デュ・パン」への出場を誓い、パン職人として成長すべく血のにじむ努力を重ねたオオサワさん。

彼が国内大会をどう勝ち抜き、本大会でどんな戦いを繰り広げたのか。ついに店が大繁盛するまでになった”パン一筋”の熱き男のサクセスストーリーを紹介する。

◆ラーメン屋にかかってくる謎の電話

また、この日の放送には“1か月に3、4回は絶対かかってくる謎の怪電話に、長年苦しめられつづけているラーメン店の店主とバイト”ことクラタさんとマツイさんも登場。

数年前からふたりには、まったく心当たりのない少女から謎の電話がかかってくるという。

舞台となるラーメン屋があるのは東京・町田市。「意外と病みつきになるお味」だという、パイナップルラーメンが一番人気だとか。

店の開店は2011年。オープンから半年後のある日、マツイさんはかかってきた電話に出たところ、幼い少女が「……パパ……パパ…」と悲し気に叫ぶ声を聞くことに。

不気味に思いつつ、話しかけても”パパ”以外は無言で、ついに電話が切れてしまう。後日、マツイさんはクラタさんにこの一件を報告したが、この時点でクラタさんも3回ほど同じような電話を受けていた。

あまりの不可思議さに、オードリー若林も「怖い…」と恐怖を口にする。

その後、何とかこの電話を断ち切るべく策を講じたものの、いまでもときどき「パパ、パパ…」との電話が入るという。それも、電話の主はひとりではないようで…。

怪奇現象なのか、それとも誰かのいたずらなのか…。謎の電話に隠された驚きの事実が明らかになる。