渡辺直美・吉村崇(平成ノブシコブシ)・青山テルマが芸能人のSNSを徹底リサーチし、有名人が“いいね”している謎の一般人がどんな人なのかについて迫る番組『あの人が「いいね」した一般人』。

6月29日(月)深夜放送の同番組では、次長課長・河本準一が“いいね”した仲良し夫婦、SKE48・須田亜香里が“いいね”した女性に迫る。

◆超人気TikToker「妻が綺麗過ぎる。」が登場!

Twitter・Instagram・Facebookに加え、最近ではTikTokも積極的に活用している次長課長・河本準一。

そんな彼が「めっちゃ楽しそう」「理想です」として“いいね”したのは、TikTokで人気の<妻が綺麗過ぎる。>というアカウントだ。

2019年2月に開設し、2020年6月現在のTikTokのフォロワー数はじつに80万人以上という、この通称“妻キレ”アカウント。

夫が日常の妻の様子を楽しそうに撮影している同アカウントの動画には「憧れる」「幸せそう」などのコメントが多く寄せられ、瞬く間に人気TikTokerになった。

番組では、そんな“妻キレ”夫婦のふたりに会いに行き、人気の秘密に迫る。

すると、“綺麗過ぎる”妻の驚きの経歴が明かされるとともに、そんな彼女をいつも撮っている夫も、以前はスタジオメンバーが驚愕する収入の仕事に就いていたことが判明。

夫は、なぜそんな仕事を辞めるにいたったのか? その理由から、妻への深い愛が浮き彫りになっていく。

そして、ふだんの動画撮影の様子にも密着。じつは緻密な“バズるため”の計算のもと撮られているというが、妻キレ流の動画撮影の極意とは?

◆“あえてブサイクな写真”で大人気!

バラエティでも大活躍するSKE48・須田亜香里が“いいね”したのは、「ヴィエンナ」という名前の女性。

彼女の名前が出ると、スタジオの吉村も「あ!ヴィエンナさんじゃん!面白い方ですよね」と大きなリアクションをみせる。

じつにフォロワー70万人(2020年6月現在)をもつヴィエンナ。

彼女について須田は「自分のベストじゃない顔をさらけ出せるのがスゴい!」と力説するが、その言葉通りヴィエンナのSNSは、「インスタ映えの理想 VS 現実」といったタイトルで“決め顔の写真”と“ブサイクにみえる写真”を対比して載せているのが特徴。

一体なぜ、あえてブサイクにみえる写真をアップするのか?

彼女に直接取材しその理由を聞くと、渡辺直美も「なるほどね〜」と思わず納得する深い背景が明らかになる。