番組に寄せられた投稿メールや、VTRを見たマツコ・デラックスと有吉弘行が感じたことなどを独自の視点でトークしていく『マツコ&有吉 かりそめ天国』。

11月27日(金)の放送では、新企画「チャンカワイ ニッポンの修行!」がスタートする。

チャンカワイ(Wエンジン)が、修業をひたすら受けまくったら「立派な人間になれるのか?」という疑問を検証する、この新企画。これまで同番組で、300度の炎の前で行う“護摩行”や、燃え盛る炎の上を素足で歩く“火渡り”をこなしたチャンだったが、新型コロナウイルスの影響でロケが中断。今回、実に9か月ぶりの修行となる。

そんなチャンがお世話になるのは、大阪府・犬鳴山七宝瀧寺。ここでチャンは、険しい山道を自力で登る“山行”、山の崖に身を乗り出し懺悔する“捨身の行”、滝に打たれて身を清める“滝行”に挑戦する。

この“修行のフルコース”に「なんやそれ!?マジで…」とたじろぐチャン。「ここで修行させてもらったらどうなりますか?」と聞くチャンに「生まれ変わります」と僧侶は一寸の迷いもなく力強く返答。

この言葉を聞いたチャンは、ロケに出るタレントではなく番組のMCになりたいと、生まれ変わり後の理想の姿を明かす。

修行では、序盤にしてその厳しさを思い知らされるチャン。標高430mの岩場から身を乗り出し懺悔して日頃の汚れを取り払う“捨身の行”では、「あかん!うわぁぁぁあ!!なんやねん!」と大絶叫。

そして最後に向かった“滝行”では、チャンの目に涙が。