Mステ史上初!番組出演かけたオーディション、ネット投票で約1700組から10組に

Mステ史上初!番組出演かけたオーディション、ネット投票で約1700組から10組に

『ミュージックステーション』では現在、9月18日(月・祝)の超大型音楽プログラム『ウルトラFES』への出演権が得られるアマチュアオーディションのWEB投票を実施中。

その戦いの場、番組ホームページ特設サイトで公開されている書類審査を通過した約1700組のミュージックビデオが、いま熱い盛り上がりを見せている。

©テレビ朝日

今年の『ウルトラFES』への出演権が贈呈される初の試み『Mステへの階段 ウルトラオーディション』は、書類&動画/音源による1次審査を6月23日(金)にスタート。現在は、1次審査全通過者のミュージックビデオが見られる番組ホームページの特設サイトから、一般ユーザーがネット投票で参加できる2次審査を実施している。

7月28日(金)から公開中のミュージックビデオの数は、約1700本。楽曲はオーディションの規定に則りすべてがオリジナルで、特設サイトは夢の舞台『ウルトラFES』を本気で目指すバンド、ソロ、アイドルなど、アマチュアアーティストたちの熱い歌声でひしめき合っている。

楽曲のみならずミュージックビデオもすべて参加者提供のオリジナルということで、その作風もさまざま。自撮り映像のシンプルなものから学園祭風景や路上ライブ映像、カラオケビデオのパロディーやプロ顔負けの本格派までバリエーションにあふれている。

また、参加者の年齢も下は家族バンドの正規メンバーでエアーギタリストの4歳児から、上は地元密着系オヤジバンドでギターを担当する72歳までと幅広いのも特徴的。

そんな約1700組のアマチュアアーティストのなかからフェス会場をはしごするように好みの音楽の聴き探しと、1日1回の投票ができるのは2次審査終了の8月18日(金) の23:59まで。

その結果を受け、最終審査への進出者は一気に上位10組に絞られる。さらに投票者には、投票後にシェアをした方のなかから抽選で30名に、同番組のオープニングでおなじみのウォード・セクストンが当選者の名前をアーティスト紹介風に呼んでくれる「Mステウルトラボイス」がプレゼントされる。

関連記事

テレ朝POSTの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索