令和1作目『仮面ライダーゼロワン』は“社長ライダー” テーマは「AI(人工知能)」

令和1作目『仮面ライダーゼロワン』は“社長ライダー” テーマは「AI(人工知能)」

2019年9月1日(日)スタートの記念すべき<令和仮面ライダー>第1作目が発表された。その名は、『仮面ライダーゼロワン』だ。

Ⓒ2019 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

本作『仮面ライダーゼロワン』のテーマは、人工知能=AI。

主人公の飛電或人(ひでん・あると)は、AI企業の社長にして仮面ライダーゼロワンに変身する“社長ライダー”。

なぜAI企業の社長が仮面ライダーに変身して戦うのか?――それは、自社が開発したAIロボがテロリストのハッキングを受け暴走を始めるからだ。

そこでは暴走するAIロボが“悪”のように見えるが、本当の悪はAIを恐れ、AIの能力の前に自分を諦め、考えることをやめた人間たちの中にこそ存在するのかもしれない…。“社長ライダー”或人は、そんな人間に悪用されたAIと人間たちの弱さと戦う。

そして、AIと人間が共存する時代になっても、人々の「夢」と「情熱」が必要であることを子供たちに訴えていく。

なお各話のストーリーでは、スポーツ選手や医師、料理人、漫画家など、子供たちが熱い視線を送る仕事の現場を舞台に、そこに導入されたAIと人間との関係を描く。

◆お笑い芸人から社長に!

物語は、人工知能のリーディング・カンパニー「飛電インテリジェンス」が開発する人型AIロボ「ヒューマギア」の本格的な実用運転が始まっている、新しい時代を迎えた日本を舞台にスタート。

ヒューマギアは人間と見分けがつかないほど精巧に作られ、様々な職場に溶け込んでいた。一方でこの状況を良しとしないテロリスト「滅亡迅雷.net」は、ヒューマギアをハッキングして暴走させ、人類の滅亡を企む。

政府もいち早く彼らの行動を察知し、内閣官房直属の対人工知能特務機関「A.I.M.S.(エイムズ)」を設立。暴走するAIロボの鎮圧と治安維持を目指す。

そんななか、笑いのセンスがないにもかかわらずお笑い芸人を目指す飛電或人(ひでん・あると)は、AIによってお笑いの活躍場所を奪われてしまう。ショックに打ちのめされる或人だが、「飛電インテリジェンス」の創立者で社長の祖父が死去。彼がのこした遺言によって、「飛電インテリジェンス」の二代目社長に指名される。

巨大企業の社長などに興味がない或人だったが、目の前で「滅亡迅雷.net」のハッキングによりヒューマギアが暴走。「飛電インテリジェンス」の社長のみが手にできる「ゼロワンドライバー」を受け取り、仮面ライダーゼロワンへと変身を遂げる。

「飛電インテリジェンス」の新社長に就任し、AIを巡るバトルへと身を投じていくことになった或人。彼は「滅亡迅雷.net」だけでなく、AIを敵視する「A.I.M.S.」、AIの開発競争や利権を巡る人間たちの思惑とも戦うことになっていく。

Ⓒ2019 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

なお、主人公の飛電或人/仮面ライダーゼロワン役を務める高橋文哉は、先日行われた会見で、本作に出演する気持ちについて以下のようにコメントしている。

「飛電或人は、とにかくまっすぐで、喜怒哀楽が激しく、そして唯一ヒューマギアと人間が共存するのは素晴らしいと信じている人物です。仮面ライダーとして、そして社長として、街のみんなを救っていく…物語の主人公です。皆さんに寄り添っていただけるキャラクターだと思いますので、これからよろしくお願いします。

出演が決まった時は、本当に“驚き”というものが大きくて…。その驚きの状態のまま、衣装あわせ、本読みとどんどん進んでいったんですが、台本をもらってもまだ実感が湧きませんでした。

その後撮影が始まって、仮面ライダーらしい、変身やアクションをして、『仮面ライダー』という言葉を使うたびに、『あー、仮面ライダーになるんだ!』という気持ちがどんどんこみ上げてきて、本当にうれしくて光栄なことだと思っています。

『仮面ライダー』といえばまずはお子様たちが見る番組というイメージが強いと思うんですが、僕は『仮面ライダーゼロワン』は、ヒューマギアが人間を変える“シンギュラリティー”というものが起きるんじゃないか…という、これからの日本を照らしているんじゃないのかなと思っているんです。

<滅亡迅雷>、<A.I.M.S.(エイムズ)>、<飛電インテリジェンスという3組の間で、“シンギュラリティー”という言葉をすごく使うんです。そういう意味でも、今まで仮面ライダーシリーズを見たことのない方が『ゼロワン』を見ても、必ずおもしろいと思ってもらえる作品になると思っています。

或人を演じるうえで、とにかくうるさい、とにかくまっすぐ、喜怒哀楽がわかりやすい、この3つの特徴を意識しました。道を歩くときに『これ或人だったらどう歩くだろう』と、ちょっと“うるさく”歩いてみたり、少しずつ或人の特徴を自分に落として役作りをしています」


関連記事

テレ朝POSTの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索