「休んでも絶好調企業」の秘密

「休んでも絶好調企業」の秘密

プレジデント ウーマン 2017年9月号 掲載

プレ金は始まったけれど使ったことがない。有休がなかなか取れない。そんな人こそ知ってほしい。社員が休むことを奨励している企業があるんです!

■CASE1:定着のカギは取得自由にしたこと

----------

会社名:ユナイテッド
制度:「金曜どうしよう?」
どんな制度?:毎月第3金曜日が午後休
効果は?:社員の生産性と創造性が上がった!

----------

政府の懸命な旗振りで働き方改革が進んでいる。残業時間の上限規制は実現したが、一方で進めなければならないのが、休暇取得の推進だろう。エクスペディアの調査によると、日本人の有休取得率は諸外国に比べて低く(図表上)、取得の際に罪悪感を抱いている(図表下)。

貧乏性の国民性といえるが、前向きにとらえればこうも考えられる。一度休みを取ってそれを楽しみさえすれば、日本人も長時間労働の不毛さに目覚めるかもしれない、と……。

東京・渋谷にあるIT企業、ユナイテッドには、毎月第3金曜日は正午以後の半休が可能という制度がある。名称は「金曜どうしよう?」、略して「金どう」。スタートは2015年5月で、「プレミアムフライデー」開始より2年近くも前だ。コーポレートカルチャー本部マネージャーの柏山奈央さんが話す。

「以前は毎月第3水曜日がノー残業デーだったのですが、もう一段インパクトのある制度を、ということで導入しました」

映画や買い物、美容院、あるいは子どもの予防接種やパスポートの更新など、使い方はさまざまだ。直接旅行に出かけるため、スーツケース持参で出社する社員もいる。

「“金どう”が浸透したカギは、半休を強制していないこと。仕事をしたいという社員も一定数はおり、2割くらいの人がそのままオフィスで仕事を続けています。それに営業部門の場合、一斉退社はお客さまに迷惑をかけるので、2週に分けて交代で休んでいます」

導入後も売り上げは毎年伸びる一方で、社員一人あたりの残業時間は減っているという。仕事につきものの無駄がキュッと締まって、確かに生産性が向上したのだろう。

関連記事

プレジデントオンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術のニュースランキング

ランキングの続きを見る

仕事術の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索