なぜジムで運動していると集中できるのか

なぜジムで運動していると集中できるのか

プレジデント ウーマン 2017年11月号 掲載

「マインドフルネス」という考え方を取り入れることで、大きく人生が変わった人がいます。ANAホールディングスの小野澤綾花さんは「瞑想なんて怪しい」と思っていた一人。しかしジムでのレッスンのあと、その効果を実感したといいます。プレジデントウーマン11月号の特集「心が強くなるマインドフルネス」より、実例を紹介します――。

■瞑想は「怪しい」とすら感じていた

初めてマインドフルネスに出合ったときは、全然ピンとこなかったんです。失礼な話なのですが、瞑想と聞いてむしろ、怪しさを感じたほどでした。「イメージで判断するのはよくないな」と、ガイドアプリで瞑想を体験してみたものの、やはりしっくりこなくて。翌日にはアプリを削除して、すっかり忘れていました。

再会は、それから2カ月後のこと。出社前の朝活として通っている、「フィールサイクル」というジムでの出来事でした。普段と変わらずレッスンに臨んだのですが、その日はなぜか集中力が途切れることなく、大量の汗もかいてとても気持ちが良かったんです。

4年間通っていて初めての感覚でした。さらに、レッスン後のラップアップで、「ここにいる誰かが欠けても、今日の45分間はありませんでした。ここへ来たらぜひ、いましかマインドフルネスを取り入れてない時間を味わってください。そして、その時間をつくる一員としてまた参加してください」と、インストラクターの方がおっしゃいました。

これまで何度も耳にしていたはずなのに、覚えていなかったことにも驚きましたが、その言葉を聞いた瞬間、「ああ、マインドフルネスってこういう感じなんじゃないかな」というひらめきがありました。

以前は、マインドフルネス=瞑想というイメージしかなかったけれど、それだけじゃない。私にとってのマインドフルネスとは、ジムで体を動かすことなのかもしれない。「いま、目の前に集中することができれば、方法は何だっていいんだ」と理解できてから、一気に虜になりました。

マインドフルネスに出合うまで

▼大学卒業後
ANA東京空港支店旅客部配属。

▼2013年4月
ANAエアポートサービス旅客サービス部出向、2年後に同部国際業務課に異動。

▼2016年7月
新規事業を手掛けるANAホールディングス デジタル・デザイン・ラボに異動。

▼2016年10月
ジムで集中しているとき、「マインドフルネス」を実感として味わう。そこから、興味を持って調べ始める。

▼2017年7月
荻野淳也さんを招いて社内勉強会を実施。

▼2017年9月
国際的な初の禅イベント「Zen2.0」でANAのブースを企画。ボランティアスタッフとしても関わる。

関連記事

プレジデントオンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

仕事術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索